・ユニークなアイデア切手

2021年1月24日 (日)

スペインの「レコード切手」と「ルーペ切手」

Spainrecord
 昨年はベートーベン生誕250年でしたが、スペインからは2020年11月にレコード切手が発行されました。ブータン、パラグアイ、スイスに続いての4例目になります。スイスのレコード切手と同じような厚紙製で、プレーヤーにかけると交響曲第5番が流れるそうです。
 中央が切手部分で、裏面を見るとその部分だけに裏糊が付けられています。


Spainlens
 スペインからはもう1点、アイデア切手が発行されました。2020年10月に発行された「切手収集家」切手(画像2番目)ですが、図案のルーペ部分がくり抜かれ、薄型のプラスティック製レンズが付けられています。縦15cm×横10.5cmぐらいある大きな切手で、厚紙に印刷されているため、左下の手の図案の部分を持って、実際にルーペとして使うこともできます。
 注文した時はただの穴あき切手と思っていたのですが、届いた切手を見てビックリしました。
 レンズを添付した切手としては、2019年にアゼルバイジャンが発行したレンズ添付切手がありますが、これは双眼鏡部分に小さなレンズが添付されたものでレンズの実用性(?)に欠けるものでした。今回のスペインの切手は、実際にルーペとして使えるので、レンズ添付切手ではなくルーペ切手と呼ぶ方がふさわしいと思います。

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

国連の暗号切手

Cryptoun

 オーストリア、クロアチアに続いて、2020年11月24日は国際連合からも暗号切手が発行されました。
 紙製の小型シートのマージン部分のスクラッチを削ると、パスワード等が現れる仕組みです。またホログラム箔も使われてキラキラします。

 この切手は、注文してから1か月以上かかった上に、封筒がダメージを受けた状態で届きました。切手も少しシワが付いてしまったのが残念です。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

クロアチアの暗号切手

Cryptocro1

 オーストリアに続いて、クロアチアからも2点の暗号切手が発行されました。1点目(画像上側のシート)は2020年9月9日、2点目(画像下側のシート)は12月15日の発行です。
 これらの切手は、最初の画像の通り透明フィルムの袋に入れられて販売されます。2番目の画像はその裏側です。外側から見えるのは切手シート本体ではなく、切手シートを内側に収納している2つ折りの厚紙です。
Cryptocro2

 袋を開けると、2つ折りの厚紙の中から切手シート本体が出てきます(画像3番目)。
 本体には、1枚ごとに異なるパスワード等が印刷されています(画像ではその一部を隠しています。)。オーストリアの暗号切手はスクラッチ方式で隠していましたが、クロアチアの暗号切手は厚紙で隠す形を取っているのですね。
Cryptocro3

 切手シートの裏側には、附属する仮想アイテムの図案(各5種類)のイラストと、それぞれの発行数が描かれています。(画像4番目)
 この発行数が少ないほどレアだということになりますが、第1回の「ドローン」図案が1,000と一番レアなようです。
Cryptocro4

 

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

リヒテンシュタインの透かし彫り年賀切手

Cowlie
 毎年恒例になっている、リヒテンシュタインの透かし彫り年賀切手シートが届きました。
 来年の干支の牛を象った変形シートに4枚の切手が収められ、それぞれの切手にはレーザで空けられた穴で牛の絵が描かれています。

 皆様も良いお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

グラフェン製デバイス添付切手

Graphenepor
 11月6日に、ポルトガルから新タイプの異物添付切手が発行されました。
 画像の右側の切手の上に正方形のシールのようなものが貼られているのが判りますか。これが新素材のグラフェン(graphene)を使った電子デバイスでだそうです。グラフェンというのは炭素系のシートで、強いだけでなく、原子1個分の厚さしかないので非常に薄い素材だそうです。
 現在のLSI等の電子デバイスの多くがシリコンの上に電子回路の基盤を載せていますが、シリコンの代わりにグラフェンを使う研究が進んでおり、その成果の一部をいち早く切手に取り入れたものです。

 このシールの円形部分は樹木の年輪の様に細かい電子回路になっています。この部分に専用アプリをダウンロードしたNFC対応のスマートフォン等を近づけると、ミゲル・トルガ (Miguel Torga)という詩人が1951年に書いた"Contagion(伝染)"という詩が表示されるそうです。

 言葉では上手く説明できないので、こちらの関連動画もご覧ください。

 

| | コメント (0)

2020年11月29日 (日)

スキー板切手とトイレットペーパー製切手

Skiaus

 ここしばらくスペインの変わり種切手ばかりご紹介していましたが、2020年10月にオーストリアからも非常にユニークな特殊素材切手が発行されました。

 最初は、スキー板切手です(最初の画像)。ご覧の通り、山型をした変形切手ですが、注目されるのはその素材で、本物のスキー板と同等の素材を使っているそうです。具体的には、アルミニウムとプラスティックの複合材(aluminium-plastic composite)の上に、黄色いアクリル樹脂(acrylic glue)を付着させています。
 複合素材のため、厚さも4mm以上あります。これは、2014年に同じくオーストリアが発行した磁器製切手よりも少し厚いです。
 比較のため定規の上に今回のスキー板切手(左)と陶磁器製切手(右)を並べて撮った写真です(2番目の)。スキー板切手の方が黄色いアクリル樹脂の厚さ分ぐらい厚いのが判ります。
Skiaus2

 

 次にご紹介するのが、同じく10月発行のコロナウィルス切手です(画像3番目)
 オーストリアでも日本と同じように、コロナ感染拡大期にトイレットペーパーの買い占め騒動が起こったそうで、その戒めを込めて本物のトイレットペーパーに印刷した小型シートを発行しました。図案にはかわいい子象が描かれていますが、これは概ね体長が1mということで、ソーシャルディスタンスを1m取るように呼び掛けるキャンペーンのキャラクターだそうです。額面は2.75ユーロですが同額の寄付金が付いて5.5ユーロで販売されています。寄付金はコロナ対策に使われます。
 昨日届いた現物を見ると、確かにトイレットペーパーに印刷されています。それだけでは薄すぎるので少し厚手の紙で裏打ちされています。
Toiletaus
 さらに、この切手はトイレットペーパーのように横一列につながっています。検索してみたところ、横3枚がつながった状態で出荷されたようです(画像4番目)。
Austriastampstoilet3

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

スペインの変わり種切手(アイデア切手編)

Pop1spa
 スペインから今年発行されたアイデア切手を2点ご紹介します。
 1つ目は、2020年6月発行のポップアップ切手です(最初の画像)。航空郵便100年を記念したもので、下部の矢印部分をつまんで引っ張ると、飛行機がポップアップし、航空郵便物の絵が現れます(2番目の画像)。
 なお、世界最初のポップアップ切手は、2012年にオランダから発行され、これが2例目になります。
Pop2spa

 2つ目は、同じく6月発行のトランプを描いた切手で、4枚のカードがハトメで留められています(3番目の画像)。
 ただし、切手部分は最初の1枚だけで、残りの3枚はタブです。
Cardspa

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

ペットボトル再生刺繍切手

Liechtensteinemb1
 リヒテンシュタインから、9月に刺繍切手が発行されました。
 刺繍切手自体はこれまでも発行されているのですが、今回は「ペットボトル再生繊維」を使用している点が特徴的です。40,000枚の切手を製造するために600mlのペットボトルを3,100本使用したそうです。サイズは円の部分が直径5cmで左側の葉っぱの突起を含めると5.6cmと結構大きいです。
 合わせて購入したFDCは"PET RECYCLING"の表示がある他、封筒には再生紙を使用しているようです。
Liechtensteinemb2

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

超高額の純金添付暗号切手(仮想アイテム付き切手)

Cryptog10
 6月に発行された暗号切手の第2弾をご紹介したばかりですが、翌7月には、さらに純金バージョンの暗号切手も発行されました。
 画像のとおり、昨年発行されたユニコーン図案の暗号切手をベースにしたものですが、注目すべきは、額面が500ユーロと超高額な点、そしてタブ部分に1グラムの純金インゴット(オーストリア造幣局製)が添付(はめ込み)されている点です。
 発売価格は額面と同じ500ユーロでしたので、購入できた人は、純金1g(約7,200円)分だけ得をするという良心的な(?)価格設定です。

 裏面(画像2番目)を見ると、パスワード部分にスクラッチ、純金インゴットの裏面にホログラムのような加工(潜像加工か?)がなされています。なお、裏面からも純金インゴットが見えることから、プラスティック製切手の厚みと同じ厚みのインゴットがはめ込まれていることが判ります。
 以上を整理すると、この切手は、特殊素材(プラスティック製)、異物添付(純金インゴット)、特殊印刷(スクラッチ)、アイデア切手(仮想アイテム付)という、変わり種切手の色々な要素を有している切手ということになります。

Cryptog2

 ケースも少しだけ凝っています。
 まず金色の紙袋を開けると、中に黒を基調とした紙製フォルダーが入っています。超高額切手なのでもう少し高級な材料でも良かったと思いますが。かさばらずに保存できる点は助かります。
Cryptog3
 そのフォルダーを開けると、飛び出す絵本のような感じで、切手が現れます。
Cryptog4

 ちなみに製造枚数は999セットです。しかもその内売り出されたのは500セットだけで、残りの499セットは秋に実施するクジの景品に取り置かれているそうです。
 発売直後はebay等で2,000ユーロ超で出品されていましたが、今は落ち着いて1,000ユーロ前後で取引が成立しているようです。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

暗号切手(仮想アイテム付き切手)第2弾(続報)

Cryptoc
 暗号切手に関して、追加のアイテムが届きましたのでご紹介します。

 1つ目は実逓カバー(最初の画像)です。
 オーストリアのコレクターから送付してもらいました。
 封筒の右上に貼付しているのが切手本体で、封筒中央上に貼付している横長のものは切手を剥がした後の台紙です。

Cryptou1 Cryptou2
 2つ目は消印付です。オーストリア郵政では、未使用と共に使用済(消印付)の切手も額面で販売しています。
 特殊素材切手の場合この消印が特別な印刷で施されていることも多いのですが、今回は残念ながら通常の手押印のようです。ただし、インクは赤色です。

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧