・特殊な印刷の切手

2019年1月 6日 (日)

ユーカリの香り付き&スペインのプレミアムシート

Scentspa

 スペインが昨年11月に発行した、ユーカリの香り付き切手が届きました。
 画像のシートの上部に、ユーカリの葉の形をした変形切手が6枚納められています。
 紙質は少し厚めです。
Glasssspa
 また、スペインでは、通常の切手シートの他に、プレミアムシートという特別シートが発行されることがありますが、これまでは郵政のWebサイトからは直接購入できませんでした。しかし、昨年秋に突然このプレミアムシートも購入できるようになり、便利になりました。
 早速、先日このブログでも紹介した、アセテート製の透明切手(10月発行)のシート(7枚+タブ1枚)や、6月に発行された、チェスの駒型の示温インク切手(温めると駒の色が黒から白になりますのシート(8枚)を購入しました。
 また、2016年3月に発行された、旗付のプレミアムシートも在庫があったので、1シート購入しました。
Chess2spa

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

オーストリア変り種切手のプルーフ等

Austria20181

 2018年も終わりに近づきましたので、今年入手した新切手以外のアイテムをいくつかご紹介します。
 画像上は、2008年にオーストリアで発行された、ポリウレタン製切手とレンティキュラー切手のプルーフ(試作)です。
 左のポリウレタン製切手は額面が"000"、右は"545"(正規の切手は額面"375")となっている点が一番の違いです。また、両者とも個々の切手を取り外すための型抜きがない、無目打状態です。
 また、ポリウレタン製切手については、型抜きのみが無い切手の田型も入手しましたので、併せてご紹介します。(画像下)
 こちらは、プルーフではなく、エラー切手に分類されると思います。
Austria20182

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

スペインの変り種切手色々

Woodtransspa

 スペインでは、先にご紹介したゴム製切手以外にも、ここ数か月の間に様々な変り種切手が発行されています。

 最初の画像左側は、9月に発行された木製切手で、オセアニアを発見した探検家のアルバロ・デ・メンダーニャ・デ・ネイラを描いています。昨年11月に発行された木製切手の続編とも言うべき切手ですが額面は3.3EURと高くなっています。
 最初の画像右側は、10月に発行された、ステンドグラスを描く、アセテート製の透明切手です。画像では判りにくいですが、ステンドグラスの形に型抜きされた変形切手です。
Hamspa
 2番目の画像は、10月に発行された「生ハムの味付き」切手です。Webサイトの説明に"Offset and ham flavour"と書かれているので、ハムの味が付いているのは確かですが、インクに付いているのか、裏糊に付いているのかは説明文だけでははっきりしません。実物の切手が届いて裏面を見ると、裏面に生ハムのような模様が付いていますので、おそらくは裏糊の中にハムの味が付けられているのだと思います。ただ、匂いをかいでみてもそれらしき匂いはしません。
Sandspa
 3番目の画像は、高速列車を描く切手で、黄土色の部分に砂が混入されているものです。これも10月に発行されました。
 

| | コメント (0)

2018年11月19日 (月)

中央アフリカのスクラッチくじ付切手

Macaoscratch

 9月にマカオで開催されたアジア国際切手展の会場で販売された小型シートが届きました。
 全体が寺院の建物の形をした変形シートで、扇形の切手が4枚納められています。これだけでは珍しくはありませんが、シート下部にスクラッチのくじが付いているのが注目されます。"WIN YOUR STAMPS"と書かれていますので、賞品は切手だったようです。

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

米国の薄型レンティキュラー切手

3dusa

 少しご紹介が遅くなりましたが、8月にアメリカでもレンティキュラー印刷切手が発行されています。シルクハットからウサギが出てくる手品をコマ送りで見られるもので、同図案の永久切手が3枚収められた小型シートです。
 届いたシートを手にとって驚いたのは、レンティキュラー切手にしては薄いことでした。レンティキュラーレンズの凸凹も、良く見ないと判らないぐらいのきめ細かさです。これだけきめ細かいレンズだと、誤差による図案のズレ等の危険があるはずですが、それをクリアした高度な技術で製造されているようです。
 また、比較的安価(数百円)で買えたのもありがたいことです。

| | コメント (0)

2018年9月25日 (火)

ブータンの超立体切手

3dbhu

 最近は、レンティキュラーレンズを用いた切手の発行はそれほど珍しくなくなりましたが、8月に本家のブータンからも久しぶりに発行されました。
 ブータン初の人工衛星を記念した切手で、人工衛星の写真と、ブータンの代表的な建物(寺院)が交互に現れます。この複数図案切替タイプのレンティキュラー切手は、ブータン初となります。
 と思ったところで、レンティキュラーレンズの向きが変なことに気づきました。通常、立体視タイプの場合は(左右の視角のズレを利用するため)レンティキュラーレンズを縦縞にして使い、複数図案切替タイプの場合は(左右の目で同じ図案を見るため)横縞にして使うのですが、今回の小型シートは縦縞にして使っているのです。
 さらによく見ると、人工衛星と寺院のそれぞれの図案が立体的に浮かび上がっていることが判りました。つまり、この切手は、立体視の図案が2種類切り替る、ハイブリッド型の超立体切手ということになります。
 発行数は、購入したインドの切手商によると4,000シートだそうで、裏面にはシリアル番号も入れられています。
 この切手商は、ブータンからの実逓便も送ってくれたのですが、残念なことに、切手の上には消印が押されていませんでした。
3dbhuc
 
(2018年10月10日補足)
 発行枚数ですが、別のニュースでは、5,000シートとされています。
 また、このブータン初の人工衛星は、日本の九州工業大学のプロジェクトとして開発されたものだそうです。ブータンからの留学生4人も参加しています。

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

北朝鮮の絹製&レンティキュラー切手

Gandhikorea
 北朝鮮から最近発行された変り種切手を2点ご紹介します。
 1つ目は、7月に発行された、糸車を使うガンジーを描いた絹製切手です。小型シートが寺院の輪郭を描く変形となっており、絹製の変形シートはこれが世界初となります。
 確か、ガンジーの糸車は綿糸だったはずですが、なぜ絹製なのかは疑問のあるところです。
3dkorea
 2点目は、レンティキュラー切手で、8月にチェコのプラハで開催された国際切手展の会場で販売されていたものだそうです。
 花とミツバチ、そして蝶を描く2種の切手が納められた立体視タイプのもので、目打入と無目打の両方があります。
 

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

オーストラリアの変り種切手3点

Scentaus

 オーストラリア発行の変り種切手を3点ご紹介します。
 1つ目は5月27日に、国際切手展「ISRAEL2018」を記念して発行された小型シートで、こするとユーカリの香りが楽しめます。「郵趣」誌9月号51頁でも紹介されています。
3daus
 2つ目は、8月1日発行の、海洋生物を描いたレンティキュラー印刷切手です。通常印刷の小型シートと一緒に紙のホルダーに入れられて発売されました。
Jointaus1
 3つ目は、2017年に発行された、ノーフォーク島、クリスマス島、ココス諸島、オーストラリア南極地域、4つの関係地域の切手を集めたシートです。
 200部限定発売ですが、購入したシートのシリアルナンバー(028番)は手書きで書かれていました。
Jointaus2

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

オルダニー島にて

Airplane
旅行の3日目(8月28日)からは、チャネル諸島へ渡りました。ロンドンからガーンジー島経由でオルダニー島へ。「ドルニエ機」という小さな飛行機で渡ります(画像参照)。ちなみに空港の係員からは「日本人のパスポートを見たのは2人目だ」と言われました。
オルダニー島はガーンジーに属していながら、独自の切手を発行しています。あらかじめ調べておいた唯一の郵便局は、昼休み中は閉まり午後は13:30~17:00の営業ということで、レストランで美味しい地元産バターを堪能した後、13:30ちょっと前に郵便局へ着きます。郵便局は、雑貨店の中に同居していました。
Alderneypostoffice
14:00からのバスツアーを予約していたので、時間にそれほど余裕はありません。とりあえず窓口で手持のカバーを数通差し出します。消印をすぐ押してくれと頼むと、局員さんは頑張って押してくれました。消印自体が小さくて位置に苦労されていましたが、まずまずの実逓カバーが出来ました。また、2014年に発行されたコットン(綿布)製切手の在庫があったので、3シート購入してフルシート貼のカバーも送ることが出来ました。
Coveralderney1_2
Coveralderney2
ツアーが予定よりも延びて16:20に終わると、ダッシュで図書館に向かいます。ここには、コットン切手の図案の基となったタペストリーが飾られているのです。ただし、図書館の開館時間は16:30までです。息を切らしながら5分前に飛び込みました。
Tapestry
タペストリーの鑑賞後、売られていたタペストリー図案のポストカードを購入します。ただ、ここで予想外のことが…何とポストカードは横長のタペストリーの全体を納めるため、4枚続きだったのです。一瞬悩みましたが、4枚のポストカードを切り離し、それぞれに切手部分と写真に対応する図案部分のシート地を切り取って貼り付けることにしました。
郵便局に戻って、コットン切手のシートを追加購入し、ハサミを借りて切り取って(布製なので、手で切り放せないのです)貼り付け、住所を書きます。17:00ギリギリまで作業して差し出しました。
出来上がった実逓のポストカードの1通が下の画像です。良い記念になりました。
Coveralderney3

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

ジブラルタル・スペインにて

夏休みにヨーロッパ旅行へ行ってきました。
行程は、ロンドン→ジブラルタル→オルダニー島→ガーンジー島→ジャージー島→フランスという、切手収集家にはおなじみの国(地域)を巡りました。

Mailrail

初日の8月26日は、早朝に到着後、2009年にも訪問した大英図書館にて、モーリシャスのPost Office切手やハワイの宣教師切手、喜望峰の三角切手等の名品をじっくり鑑賞しましたが、残念ながら写真撮影は禁止でした。
その後、最近オープンした郵便博物館にも行き、話題のMail Rail にも乗車してきました。これは、かつて郵便物の輸送専用に作られた小さな専用地下鉄道網で、その一部を乗車できるというアトラクションです。大人がやっと座れるぐらいの狭いスペースの列車(画像参照)でしたが、約15分間、トンネルの旅を楽しみました。

Therock

2日目の8月27日は、飛行機で片道3時間かけてジブラルタルへ日帰旅行をしました。ジブラルタルは、地中海の入口の半島の先にある英国領土で、スペイン領に接しています。
到着後、まずは国境を越えてスペイン領へ、ここからもジブラルタルのシンボルの岩山(The Rock)が良く見えました(画像参照)。

スペインの郵便局は、あらかじめ調べておいたのですぐに見つかりましたが、何と郵便局の外まで人が並ぶという混雑ぶりでした。結局1時間近く待ってようやく窓口へ。準備していた10数通の変り種切手のカバーを差し出しましたが、残念ながら窓口には消印が置いてなく、あとでまとめて消印されるとのこと。いやな予感がしましたが、こればかりは仕方ありません。
帰国後に届いたカバーを見ると、予感が当たり、半分以上は消印が読めなかったり、切手に掛かっていなかったり、消印が無かったり…といったものでした。
特に残念だったのは、下のハン・ソロのレンティキュラー印刷切手で、大きなローラー印が付いていますが、切手シートには一切掛かっていません。「少しだけでも良いからシートに掛けてくれればいいのに…」と思います。
日本のコレクターにも何通かスペインからカバーをお送りしましたが、消印が上手く押されていなかったかもしれません。申し訳ありません。

Coverspa2

数少ない成功カバーを2点後ご紹介します。1通は木製切手貼りカバー(当初は単貼だったのですが、窓口で料金不足と言われ、急遽手持の切手を貼り足しました。)、もう1通はハン・ソロのレンティキュラー切手シートの切手部分だけの切り取り使用です。
Coverspa1

スペイン側で思わぬ時間ロスをしてしまいましたので、大急ぎでジブラルタルへ再入国し、郵便局へ急ぎます。事前に窓口営業が14:30までと知っていたためです。郵便局はすぐに見つかりましたが、1時前というのになぜか閉まっています。後で知ったのですが、8月27日(月)はイギリスの祝日だったそうです。Postofficegib

仕方なく、窓口で書留便を出すのはあきらめ、すべてポスト投函でカバーを作りました。画像はThe Rockを描いた絵葉書に、2002年発行のThe Rockの岩石粉混入切手を貼付した実逓カバーです。消印は翌28日付となりましたが綺麗に押されています。
Covergib

| | コメント (0)

より以前の記事一覧