切手全般

2018年9月16日 (日)

ジャージー島(およびモン・サン・ミッシェル)にて

Coverjersey1
Jerseypostoffice1_2
 旅行の5日目(8月30日)は、ジャージー島にいました。ホテルのそばのスーパーの奥に郵便局(画像2番目)があったため、朝一番で訪問し書留便を出します。
 書留は2通出したのですが、1通目の書類を書いている間に窓口の人が消印(やや不鮮明)を押してしまったので、慌てて2通目を出す際に「消印をここに押してくれ」とリクエストします。何でも日本と同様に切手の中央ではなく封筒に掛けるように押印しなければいけないそうで、ギリギリ封筒に掛かる位置で日付が読めるように押してもらえました。出来上がりが一番上の画像で、2017年発行の木製切手に、蜂蜜の香り付切手とホログラム切手を貼ったカバーです。ガーンジーと似たデザインの消印で、局名は"Roseville St Jersey"となっていました。
 続けて、普通便を数通差し出したのですが、普通便には窓口で消印できないそうで、そのままもっていかれました。後日届いた郵便には、大き目の消印がシートのど真ん中に押してありました。
Coverjersey2
 その後、バスで約1時間の通称"Jersey Zoo"へ向かいます。ここは、正式名称を"Durrell Wildlife Conservation Trust"といい、2017年に発行された木製切手が記念する自然保護基金プロジェクト(Darwin Initiative)のパートナーになっています。
Jerseyzoo1
 自然保護を主体とした動物園のため、ゴリラやオランウータンが自然に近い環境で飼われ、ガラパゴスゾウガメ等もいました。
Jerseyzoo2
 ここの売店で購入した、創設者のDurrell氏とチンパンジーを描いた絵葉書に、持参した木製切手を貼ってポストに投函しておきましたが、届いたはがきには、インクジェット印で鮮明な消印が押してありました。島の郵政でインクジェット印が使われていたことに少し驚きです。
 これでジャージーから差し出した木製切手のカバーは3通とも成功で、しかもタイプの違う消印をゲットできました。
というと大成功のようですが、同時に差し出したホログラム切手やレンティキュラー切手、蜂蜜の香り付き切手のカバーの消印は不鮮明で、全体としての成功率はほぼ半分といったところです。本当に外国での実逓カバー作りは大変です。
Coverjersey3
 動物園から市街地に戻り、郵便局の本局を訪問してみました。中では郵便窓口に加えて、レターセットや梱包用品やちょっとしたお土産も売っており、オーストラリアの郵便局に似ていました。少し前に発行されたフランケンシュタインのレンティキュラー切手が売られていましたが、結局ここでは何も買わずじまいでした。
Jerseypostoffice2
この日の夜遅く、フェリーでフランスに渡り、翌6日目(8月31日)は、有名なモン・サン・ミッシェル観光をしました。事前に聞いていた情報どおり、入口を入って程ない所に郵便局があり、モン・サン・ミッシェルを描いたPスタンプが売られていました。
Montsaintpostoffice
 Pスタンプは10種入りで16ユーロと結構な値段でしたが、せっかくですので、1組購入し、土産物屋で購入した封筒に、ハート型切手と共に貼って実逓便を作りました。
 消印はきれいに押されていましたが、Franceとだけ表示されていて、モン・サン・ミッシェルの表記が無いのが残念です。おそらく左上の21618A-02という表記がこの地域の郵便局の番号なのでしょう。
Covermontsaint

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

ガーンジー島(およびハーム島)にて

Hermstamp

旅行記の続きです。4日目(8月29日)は、朝一番で、船で約15分のところにあるハーム島へ向かいます。この島は、丸ごと一企業に長期賃貸されており、リゾート地となっています。
かつては島独自の民間郵便切手も発行され、1954年には三角切手も12種発行されました(画像上参照)。その後民間郵便は廃止され、ガーンジー郵政の管轄となりましたが、1999年には民間郵便時代の三角切手を描いた切手がガーンジー郵政から発行されたりしています。
9:00少し前に島へ到着すると、看板にPOSTOFFICEの案内があるのを見つけました。
Hermpostoffice
事前に土産物屋の中に正規の郵便局が置かれていることを調査済みでしたので、おそらく前日のオルダニー島の郵便局の様な感じだろうと思い、とりあえず土産物屋へ向かいます。
Hermshop
しかし、2件ある土産物屋のどちらにも、郵便局らしき看板やカウンターが見当たりません。困って手前側の土産物屋(画像参照)の店員さんに聞いてみると、「ここが郵便局です。郵便物は私に渡してください。」とのこと。
とりあえず、絵葉書を何枚か買い、持参した上述の1999年発行の切手や2017年に発行されたシャツ型切手を貼って店員さんへ渡します。すると、レジのカウンターの後ろのキャビネットに絵葉書をしまっていました。チラッと見ただけですが、そのキャビネットの中に消印等の郵便局の事務用品が入っているようでした。念のため「消印はどこで押すの?ハーム島の消印なの?」と聞くと「ここで押します。ハーム島の消印です。」との返事でしたので、後はその方に任せるしかありません。
後日、届いた絵葉書には、きちんと"HERM  ISLAND"の消印が押されていましたが、なぜか29日の朝に差し出したのに、翌30日の日付でした。ひょっとしたら、29日の土産物店の店員さんには郵便局員の身分が無く、郵便局員を兼任している店員さんは翌30日の出勤だったのかもしれません。(単に忘れられていただけかもしれませんが…。)
Coverherm
船の時間まで1時間近く余ったので、島を散策しました。港近くの土産物屋、レストラン、ホテルの他にも、丘の上に少し古い教会やキャンプ場がありましたが、ごく普通の小島といった感じです。切手のイメージだと「野生の動植物の宝庫」で「超高級リゾート」の島かと思っていましたが、そんな感じではなく、ちょっとがっかりでした。
参考までに、前日オルダニー島へ飛んだ飛行機から撮影したハーム島です。ビーチはきれいに整備されていますが、島の原生林の大部分は伐採されてキャンプ場等になっているのがわかります。
Hermisl
昼前にガーンジー島へ戻り、市街地の郵便局へ向かいます。割と大きな郵便局でした。
Guernseypostoffice
そこの窓口で10通近くの封筒を差し出したのですが、残念ながら、窓口には消印が置かれていないとのことで、そのままカゴの様な箱に入れられてしまいました。スペインの時のような悪い予感がします。
案の定、後日届いた封筒は、ほとんどが消印漏れでした。1通だけ機械印が押されて届きましたが、運悪く日付部分が黒い切手の真上に来てしまいました。他の人に送った封筒もほとんど消印漏れだったと思います。申し訳ありません。
Coverguernsey

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

オルダニー島にて

Airplane
旅行の3日目(8月28日)からは、チャネル諸島へ渡りました。ロンドンからガーンジー島経由でオルダニー島へ。「ドルニエ機」という小さな飛行機で渡ります(画像参照)。ちなみに空港の係員からは「日本人のパスポートを見たのは2人目だ」と言われました。
オルダニー島はガーンジーに属していながら、独自の切手を発行しています。あらかじめ調べておいた唯一の郵便局は、昼休み中は閉まり午後は13:30~17:00の営業ということで、レストランで美味しい地元産バターを堪能した後、13:30ちょっと前に郵便局へ着きます。郵便局は、雑貨店の中に同居していました。
Alderneypostoffice
14:00からのバスツアーを予約していたので、時間にそれほど余裕はありません。とりあえず窓口で手持のカバーを数通差し出します。消印をすぐ押してくれと頼むと、局員さんは頑張って押してくれました。消印自体が小さくて位置に苦労されていましたが、まずまずの実逓カバーが出来ました。また、2014年に発行されたコットン(綿布)製切手の在庫があったので、3シート購入してフルシート貼のカバーも送ることが出来ました。
Coveralderney1_2
Coveralderney2
ツアーが予定よりも延びて16:20に終わると、ダッシュで図書館に向かいます。ここには、コットン切手の図案の基となったタペストリーが飾られているのです。ただし、図書館の開館時間は16:30までです。息を切らしながら5分前に飛び込みました。
Tapestry
タペストリーの鑑賞後、売られていたタペストリー図案のポストカードを購入します。ただ、ここで予想外のことが…何とポストカードは横長のタペストリーの全体を納めるため、4枚続きだったのです。一瞬悩みましたが、4枚のポストカードを切り離し、それぞれに切手部分と写真に対応する図案部分のシート地を切り取って貼り付けることにしました。
郵便局に戻って、コットン切手のシートを追加購入し、ハサミを借りて切り取って(布製なので、手で切り放せないのです)貼り付け、住所を書きます。17:00ギリギリまで作業して差し出しました。
出来上がった実逓のポストカードの1通が下の画像です。良い記念になりました。
Coveralderney3

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

ジブラルタル・スペインにて

夏休みにヨーロッパ旅行へ行ってきました。
行程は、ロンドン→ジブラルタル→オルダニー島→ガーンジー島→ジャージー島→フランスという、切手収集家にはおなじみの国(地域)を巡りました。

Mailrail

初日の8月26日は、早朝に到着後、2009年にも訪問した大英図書館にて、モーリシャスのPost Office切手やハワイの宣教師切手、喜望峰の三角切手等の名品をじっくり鑑賞しましたが、残念ながら写真撮影は禁止でした。
その後、最近オープンした郵便博物館にも行き、話題のMail Rail にも乗車してきました。これは、かつて郵便物の輸送専用に作られた小さな専用地下鉄道網で、その一部を乗車できるというアトラクションです。大人がやっと座れるぐらいの狭いスペースの列車(画像参照)でしたが、約15分間、トンネルの旅を楽しみました。

Therock

2日目の8月27日は、飛行機で片道3時間かけてジブラルタルへ日帰旅行をしました。ジブラルタルは、地中海の入口の半島の先にある英国領土で、スペイン領に接しています。
到着後、まずは国境を越えてスペイン領へ、ここからもジブラルタルのシンボルの岩山(The Rock)が良く見えました(画像参照)。

スペインの郵便局は、あらかじめ調べておいたのですぐに見つかりましたが、何と郵便局の外まで人が並ぶという混雑ぶりでした。結局1時間近く待ってようやく窓口へ。準備していた10数通の変り種切手のカバーを差し出しましたが、残念ながら窓口には消印が置いてなく、あとでまとめて消印されるとのこと。いやな予感がしましたが、こればかりは仕方ありません。
帰国後に届いたカバーを見ると、予感が当たり、半分以上は消印が読めなかったり、切手に掛かっていなかったり、消印が無かったり…といったものでした。
特に残念だったのは、下のハン・ソロのレンティキュラー印刷切手で、大きなローラー印が付いていますが、切手シートには一切掛かっていません。「少しだけでも良いからシートに掛けてくれればいいのに…」と思います。
日本のコレクターにも何通かスペインからカバーをお送りしましたが、消印が上手く押されていなかったかもしれません。申し訳ありません。

Coverspa2

数少ない成功カバーを2点後ご紹介します。1通は木製切手貼りカバー(当初は単貼だったのですが、窓口で料金不足と言われ、急遽手持の切手を貼り足しました。)、もう1通はハン・ソロのレンティキュラー切手シートの切手部分だけの切り取り使用です。
Coverspa1

スペイン側で思わぬ時間ロスをしてしまいましたので、大急ぎでジブラルタルへ再入国し、郵便局へ急ぎます。事前に窓口営業が14:30までと知っていたためです。郵便局はすぐに見つかりましたが、1時前というのになぜか閉まっています。後で知ったのですが、8月27日(月)はイギリスの祝日だったそうです。Postofficegib

仕方なく、窓口で書留便を出すのはあきらめ、すべてポスト投函でカバーを作りました。画像はThe Rockを描いた絵葉書に、2002年発行のThe Rockの岩石粉混入切手を貼付した実逓カバーです。消印は翌28日付となりましたが綺麗に押されています。
Covergib

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

トロント最古の郵便局にて

Tront1

 ナイアガラ観光の翌日、トロント空港から帰国したのですが、少しだけ時間があったので「トロント最古の郵便局」へ立ち寄りました。ユニオン駅から徒歩約15分のところにある、レンガ造りの重厚な建物です。資料展示のほか現在も郵便局として営業しています。
Tront2
 郵便局のカウンターを過ぎた奥の部屋には机があり、昔ながらの羽根ペンで書いた手紙を「封ろう」をして送るサービスを利用することができます。
Tront3
 いざ羽根ペンを使ってみると、これがなかなか難しく、インクを付けすぎたり、字が曲がったりして苦戦しました。それでも書き上げると、砂をかけて余分な水分を吸収させます。
Tront4
 その手紙を持ってカウンターへ行くと、店員の方が便箋を折り畳んで、その裏側には封ろうを溶かしてシールしてくれます。
Tront5
 表側に宛先を書き、日本までの郵便料金分の切手を貼れば完成です。ちなみに手数料は切手代実費+1通2ドルでした。
Tront6
 昨日(3月14日)自宅に届いた手紙です。せっかくなので、ローソクの図案のインドとのジョイント切手を貼ってみました。
 消印が2重に押されてしまい、羽根ペンの図案の消印が汚くなったのが残念です。
Tront7
 裏面には、お洒落なAIRMAILスタンプを押してくれました。ただ、封ろうはほとんど剥離してしまったのが残念です。
 結果的には残念な状態で手紙が届いてしまいましたが、貴重な体験でした。

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

ワシントン・スミソニアン国立郵便博物館にて

Photo

 3月2日~8日の日程で、アメリカ東海岸とナイアガラの滝へ旅行してきました。
 東海岸では、美術館めぐりの合間に、ワシントンDCのワシントン・スミソニアン国立郵便博物館を訪問してきました。数年前にも一度行ったのですが、その後改装工事がされ、展示スペースが大幅に広がっていました。
 目玉は、「アメリカ切手の至宝」である、宙返りエラー切手ですが、何と田型ブロックが展示されていました。他にはハワイの宣教師切手、また世界の珍品切手のコーナーには、日本のサザーランド切手が2額面とも展示されていました。
Photo_2
 そして、何といっても目玉は、期間限定で展示している、世界一高額な「ギアナの1セント」です。とはいっても、展示の周りは人がまばらで、熱心に覗き込んでいるのは私一人だけの状態でした。おかげで10分ぐらいに渉って何度も鑑賞することができました。
 展示は、画像のとおり、紹介パネルの左側の窓のような部分に切手を入れ、鑑賞の際には下のボタンを押すと照明が付くようになっていました。しかし、切手の保護のためか、照明を付けても薄暗く、切手の図案はぼやけてはっきりせず"ONE CENT"の額面も肉眼では識別できませんでした。というより、もともとこの切手は状態がかなり悪く、私たちが専門誌等で目にする写真や切手の切手の図案として使われている写真は、だいぶ加工されて図案をくっきりさせているようです。
Photo_3
 興味深かったのは、反対側にまわると、切手の裏面も見ることが出来たことです。裏面には何個もの収集家の収蔵印や鑑定サインが付いていました。かのフェラリー伯爵の収蔵印(一番左のクローバー図案の印)もあり、これは展示でも肉眼ではっきり識別できました。
 とはいえ、世界で1枚しかない切手をじっくり鑑賞できたのは、良い経験でした。

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

6月の切手市場に出店します

6月3日(土)に東京・日本橋で開催されるフリーマーケット「切手市場」に1年ぶりに出店します。
切手市場自体は9:00~17:00の開催ですが、私の店は帰阪の都合で14:00頃に閉店すると思いますので、お早めにお越しください。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

スタンプショウ2017の報告

Hyosyo

 4月21日~23日のスタンプショウ2017へ行ってきました。
 今年は、「切手でみるベルサイユのばら」の展示があり、それにちなんだ「ベルばら」グッズや小型印が用意され、例年以上に華やかでした。
 先日お伝えしたとおり、併催の第18回トピカル切手展で金賞をいただいたので、最終日の表彰式にも出席しました。なお、特別賞は「切手の博物館賞」で、銀製のコインをいただきました。今年から始まった「日本切手フリースタイル・コンテスト」の特別審査員を努められた切手デザイナーの玉木明さんのご挨拶もあり、非常に盛り上がった表彰式でした。
 表彰式後、自分の出品作「三角切手の歴史」の前に行くと、何と、先ほど表彰式に出ていらした玉木さんが私の作品を見ていらっしゃるではないですか…。声を掛けづらかったので少し離れて立っていると、玉木さんの方から私に気づいて「すばらしい作品ですね」と話しかけてくださって、少しだけ立ち話をしました。「レイアウトが見やすいですね。」といっていただけたのはお世辞でもうれしかったです。
 なお、恒例の私製フレーム切手ですが、今回は、「ベルばら」にちなんだバラの押し花切手と、喜望峰のウッドブロックを描いた切手の2種を作成しました(2番目の画像)。バラは「リトルウッズ」という種類で世界最小のバラと呼ばれています。
 上部には、日本とフランスの三角切手を貼付して、記念印を押しました。
Framestamp_2
 また、会場に はポルトガル郵政も出店しており、先日ご紹介した切手の缶詰も売られていました。また2日目のポルトガル郵政の記念印はこの切手の缶詰を描いたものでしたので、缶詰に入っていた切手を貼った台紙に押印してもらいました。
Can
 色々と盛りだくさんで楽しんだ3日間でした。

| | コメント (0)

2017年3月31日 (金)

スタンプショウ2017「三角切手の歴史」

Woodblock

4月21日~23日に開催される、スタンプショウ2017のトピカル切手展に「三角切手の歴史」というタイトルで5フレーム分の作品を出品しました。

 本日、実行委員会から連絡があり、「金賞」を受賞できました。
5年前に「19世紀の変形切手」で金賞をいただいたときは1フレームクラスでしたが、今回はレギュラークラスでの出品なので、喜びもひとしおです。
 内容は、最初の喜望峰の三角切手から最近の発行分までを、5つの時期に分けてそれぞれの特徴を踏まえた切手を展示します。5フレーム全部三角切手の作品が会場でどのように見えるのか、今から楽しみです。
 なお、今回は、ベルばらの記念印を集めるため、初日から3日間全部会場に行く予定です。会場でそれらしき男を見かけましたら、声を掛けていただきましたら嬉しく思います。
(画像は、出品物の一つで、喜望峰のウッドブロック赤色4ペンス切手(刷色エラー))

| | コメント (2)

2017年1月15日 (日)

実逓カバー製作の難しさ

Eucover1

 新年最初の記事となります。本年もよろしくお願いいたします。
 昨年末にヨーロッパ旅行に行って来ました。美術館めぐりが主目的でしたが、もちろん、訪問国から自分宛に実逓カバーを差し出すのも大きな楽しみの一つです。
 ただ、今回は消印漏れの失敗作が多く、残念な結果となりました。
 1番目の画像は、4時間だけ滞在したオーストリアのウィーンから差し出した書留便ですが、書留ラベルが貼っているだけで、消印は全く押されていません。
 空港で郵便局を探したのですが、同じビルには無いとのことで、限られた時間の中で、市内の中央郵便局を探して全部で10通差し出したのですが、徒労に終わってしまいました。
Eucover2
 2番目の画像は、一番長く滞在したオランダから、銀製のダイヤモンド付き切手を貼付した書留便ですが、これも消印漏れで届きました。
 アムステルダムの空港内の郵便局で差し出したのですが、郵便局専門の店舗ではなく、雑貨や靴修理の店との兼営でしたので少し嫌な予感がしたのですが…。
 切手自体数千円もするものですし、実はオランダから日本への書留便は16ユーロと高いので、相当の追加料金も支払いました。金銭的にもかなりの無駄となってしまいました。
Eucover3
 3番目の画像は、日帰りで訪問したスイス・チューリヒから差し出した、レコード切手シート張りの書留便です。書留ラベルがシートに跨って貼られていますが、これも切手自体には消印が押されていません。
 祝日に訪問したので、空いている中央郵便局に足を運んだのですが…これも無駄になってしまいました。
Eucover4
 4番目は、ベルギー・アントワープからの「馬の毛添付切手シート」の差出便です。最終日にアムステルダムからパリの空港へ移動する際に、アントワープ観光をした際に、たまたま郵便局を見つけて窓口で差し出したものです。書留便ではなく普通便でしたので、書留ラベルすら付いておらず、単に切手が痛んだだけでした。
 ベルギーからは、街中のポストからも数通差し出したのですが、それらも消印漏れで届き、全敗でした。
 どうも、郵便局の窓口で差し出すときに、消印を押してくれと強く頼まないと、かなりの高確率で消印漏れになってしまうようです。特に変り種切手は、一見、切手かどうか判らないというのも不利だといえます。
 ただ、慣れない土地で郵便局を探し、不足分の料金を払い、片言の英語で差出を頼むだけで精一杯だったのも確かです。
 異国の地での実逓カバー製作の難しさを実感した旅行となってしまいました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧