« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月28日 (日)

香港の変わり種切手

Hongsilk

恒例の香港の絹製切手(1番目の画像)と金箔プレート添付切手(2番目の画像)が届きました。2月4日に注文したのですが、香港ではAIR MAILがストップしていたそうで、ようやく手元に届きました。

Honggold

 併せて、2020年5月発行の絵画切手の綿(cotton paper)製シート(3番目の画像)と、2020年2月発行の二十四節気の半円切手(4番目の画像)も購入しました。半円切手は、テートベッシュになっているのが面白いです。
Hongsilk2
Honground Honground

| | コメント (1)

2021年3月21日 (日)

牛革製切手

Cow1
 タジキスタンが2020年に発行した年賀切手(2021年向け)の中に、牛革(本革)製の小型シートがあることが判りました。
 革に関する変わり種切手といえば、2012年のインドネシアの水牛革付きの切手や2015年のオーストリアの革(人工)製+スワロフスキー添付の切手がありますが、全面的に天然の本革を素材にしたものは初めてとなります。
 金曜日に届いたものが画像のシートです。縦13cm、横10cmの結構大型でズッシリと重みを感じます。
 購入した5枚をまとめて測ると、厚みは約7mm(1枚当たり1.4mm)、重さは約65g(1枚当たり13g)もありました。

 裏面は2枚目の画像の通り、牛側そのままで、裏打ちの紙やセルフ糊等は付いていません。
 また、側面の厚みを写した画像もご紹介します。
Cow2
Cow3

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

ミッヘル「変わり種切手」カタログ

Michel1
 今回はカタログのご紹介です。
 世界切手カタログの老舗であるドイツのミッヘル(MICHEL)社から発売されているトピカル別カタログに、ついに「変わり種切手(Kuriose Briefmarken)」が登場しました(定価69.90EUR)。表紙には、昨年発行されたオーストリアのスキー板切手、スイスのチョコの香り付き切手、シエラレオネのセルフ糊変形切手、エクアドルのコルク製切手の写真が紹介され、その下に、1852年以降の5,000図版(写真)と39,000種の評価が掲載されている旨の説明があります。

 早速購入して中を見ると、当たり前ですが変わり種切手が満載されており、少し感動しました。
 もっとも、編集者独自の基準で変わり種切手を選定しているようです。例えばセルフ糊切手は古いものは四角形でも載っていますが、最近のものは変形であっても一部しか載っていません。また、フランスのハート型切手は載っていますが、初期(1969年)の名品のジブラルタルの岩山型切手は載っていなかったりします。近年、濫発されているエージェント企画の変わり種切手はほとんど載っていませんが、これは当該国内で発売されたかといった基準があるのかもしれません。

 とはいえ、貴重な資料であることは間違いありません。ドイツ語で書かれているため解読に時間がかかりますが、活用していきたいと思います。


 カタログページからいくつかサンプリングしてご紹介します。
Michel2
Michel3
Michel4
Michel5
Michel6
Michel7

 

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

おまけでもらえるマスク

Covid191

 スペイン郵政に先日注文ミスをした2020年発行の木製切手と、レコード切手・ルーペ切手の追加注文をしたついでに、10月発行の「COVID-19」切手の小型シートを購入しました。というのも、小型シートとFDC(1番目の画像)のセットのおまけとして、もれなく特製マスクがついてくるからです。

 先日届いたマスクが下の画像です。袋から出してないので付け心地は分かりませんが、表は切手模様が描かれたなかなかお洒落なデザインです。
Covid192

Covid193

| | コメント (0)

2021年3月14日 (日)

フランスの印刷50周年切手帳

50yfra1

 フランスから、2020年11月に「印刷50周年」を記念した切手帳が発行されました。
 中を開くと、各種の印刷の解説と合わせて、エポックメイキングとなった切手が合計8頁収められています。

 その中には、「点字入り切手」「変形切手各種」「チョコレートの香付切手」「円形を含むセルフ糊式のPスタンプ」といった、変わり種切手の頁も見られます。

 売価がEUR49.00とやや高いのが難点です。

50yfra2

50yfra3

50yfra4

50yfra5

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »