« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月24日 (日)

スペインの「レコード切手」と「ルーペ切手」

Spainrecord
 昨年はベートーベン生誕250年でしたが、スペインからは2020年11月にレコード切手が発行されました。ブータン、パラグアイ、スイスに続いての4例目になります。スイスのレコード切手と同じような厚紙製で、プレーヤーにかけると交響曲第5番が流れるそうです。
 中央が切手部分で、裏面を見るとその部分だけに裏糊が付けられています。


Spainlens
 スペインからはもう1点、アイデア切手が発行されました。2020年10月に発行された「切手収集家」切手(画像2番目)ですが、図案のルーペ部分がくり抜かれ、薄型のプラスティック製レンズが付けられています。縦15cm×横10.5cmぐらいある大きな切手で、厚紙に印刷されているため、左下の手の図案の部分を持って、実際にルーペとして使うこともできます。
 注文した時はただの穴あき切手と思っていたのですが、届いた切手を見てビックリしました。
 レンズを添付した切手としては、2019年にアゼルバイジャンが発行したレンズ添付切手がありますが、これは双眼鏡部分に小さなレンズが添付されたものでレンズの実用性(?)に欠けるものでした。今回のスペインの切手は、実際にルーペとして使えるので、レンズ添付切手ではなくルーペ切手と呼ぶ方がふさわしいと思います。

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

スペインの変形切手

Spainshapes0  
 スペインの変形切手の新入荷品です。
 まず、上の画像の左側の切手は、2020年7月発行の「伝統的な地中海料理」切手です。串に刺した焼きイワシの形に型抜きされています。中央の切手は、2020年11月発行の「夜警」切手です。大きな鍵と半身の夜警の姿が型抜きされています。どちらも箔押し加工されており金属風の光沢があります。スキャナーで読み込むと暗い色になってしまうのが残念です。
 そして右側の切手は、2020年10月発行「カセレスのフラトル騎士団」切手で、盾の形をしています。 

Spainshapes2
 2番目の画像は、2020年9月発行の「ナショナルジオグラフィック研究所」切手です。小型シート中央の切手本体が150の数字の形になっています。

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

国連の暗号切手

Cryptoun

 オーストリア、クロアチアに続いて、2020年11月24日は国際連合からも暗号切手が発行されました。
 紙製の小型シートのマージン部分のスクラッチを削ると、パスワード等が現れる仕組みです。またホログラム箔も使われてキラキラします。

 この切手は、注文してから1か月以上かかった上に、封筒がダメージを受けた状態で届きました。切手も少しシワが付いてしまったのが残念です。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

クロアチアの暗号切手

Cryptocro1

 オーストリアに続いて、クロアチアからも2点の暗号切手が発行されました。1点目(画像上側のシート)は2020年9月9日、2点目(画像下側のシート)は12月15日の発行です。
 これらの切手は、最初の画像の通り透明フィルムの袋に入れられて販売されます。2番目の画像はその裏側です。外側から見えるのは切手シート本体ではなく、切手シートを内側に収納している2つ折りの厚紙です。
Cryptocro2

 袋を開けると、2つ折りの厚紙の中から切手シート本体が出てきます(画像3番目)。
 本体には、1枚ごとに異なるパスワード等が印刷されています(画像ではその一部を隠しています。)。オーストリアの暗号切手はスクラッチ方式で隠していましたが、クロアチアの暗号切手は厚紙で隠す形を取っているのですね。
Cryptocro3

 切手シートの裏側には、附属する仮想アイテムの図案(各5種類)のイラストと、それぞれの発行数が描かれています。(画像4番目)
 この発行数が少ないほどレアだということになりますが、第1回の「ドローン」図案が1,000と一番レアなようです。
Cryptocro4

 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »