« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

スキー板切手とトイレットペーパー製切手

Skiaus

 ここしばらくスペインの変わり種切手ばかりご紹介していましたが、2020年10月にオーストリアからも非常にユニークな特殊素材切手が発行されました。

 最初は、スキー板切手です(最初の画像)。ご覧の通り、山型をした変形切手ですが、注目されるのはその素材で、本物のスキー板と同等の素材を使っているそうです。具体的には、アルミニウムとプラスティックの複合材(aluminium-plastic composite)の上に、黄色いアクリル樹脂(acrylic glue)を付着させています。
 複合素材のため、厚さも4mm以上あります。これは、2014年に同じくオーストリアが発行した磁器製切手よりも少し厚いです。
 比較のため定規の上に今回のスキー板切手(左)と陶磁器製切手(右)を並べて撮った写真です(2番目の)。スキー板切手の方が黄色いアクリル樹脂の厚さ分ぐらい厚いのが判ります。
Skiaus2

 

 次にご紹介するのが、同じく10月発行のコロナウィルス切手です(画像3番目)
 オーストリアでも日本と同じように、コロナ感染拡大期にトイレットペーパーの買い占め騒動が起こったそうで、その戒めを込めて本物のトイレットペーパーに印刷した小型シートを発行しました。図案にはかわいい子象が描かれていますが、これは概ね体長が1mということで、ソーシャルディスタンスを1m取るように呼び掛けるキャンペーンのキャラクターだそうです。額面は2.75ユーロですが同額の寄付金が付いて5.5ユーロで販売されています。寄付金はコロナ対策に使われます。
 昨日届いた現物を見ると、確かにトイレットペーパーに印刷されています。それだけでは薄すぎるので少し厚手の紙で裏打ちされています。
Toiletaus
 さらに、この切手はトイレットペーパーのように横一列につながっています。検索してみたところ、横3枚がつながった状態で出荷されたようです(画像4番目)。
Austriastampstoilet3

| | コメント (0)

2020年11月28日 (土)

スペインの変わり種切手(特殊印刷編)

3dspa
 引き続いてスペインの変わり種切手の紹介です。特殊印刷の切手もいくつか発行されました。

 1番目の画像は、2020年6月発行のレンティキュラー(立体印刷)切手です。”The Santander Royal Yacht Club”の150周年の記念切手で、ヨットの図案が左右に動きます。

 2番目の画像は、3月に発行された示温インク切手です。ロイヤルアカデミーが編纂した最新の辞書の発行を記念した切手で、紺色の部分を温めると、新規採録された単語がいくつか浮かび上がります。
Thermspa1

 3番目の画像は、3月に発行されたサイダーを描く切手です。実際にサイダーの味が付いているそうです。
Ciderspa

 最後は、異物混入切手です。5月に発行された、Azabache(黒玉)という鉱物の鉱山を描く切手ですが、切手本体ではなく10枚入りのプレミアムシートのシート地のトンネル部分に鉱物の粉が混入されています。
Rockspa
Rockspa2

 

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

スペインの変わり種切手(アイデア切手編)

Pop1spa
 スペインから今年発行されたアイデア切手を2点ご紹介します。
 1つ目は、2020年6月発行のポップアップ切手です(最初の画像)。航空郵便100年を記念したもので、下部の矢印部分をつまんで引っ張ると、飛行機がポップアップし、航空郵便物の絵が現れます(2番目の画像)。
 なお、世界最初のポップアップ切手は、2012年にオランダから発行され、これが2例目になります。
Pop2spa

 2つ目は、同じく6月発行のトランプを描いた切手で、4枚のカードがハトメで留められています(3番目の画像)。
 ただし、切手部分は最初の1枚だけで、残りの3枚はタブです。
Cardspa

| | コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

スペインの変わり種切手(変形切手編)

2010spa
 スペインからは変形切手も続々と発行されています。
 まずは、2020年9月発行の「2010年代」の小型シートです。10年ごとの世代の特徴を描く切手のシリーズですが、ついに2010年代まで来てしまいました。シート全体は2010の数字の形を模しており、長方形、円形、変則六角形の切手を収めていますが、過去のこのシリーズのシートと比べると変形度は控えめです。

Bus1spa

Bus2spa
 次は、バス型の切手帳です(2番目、3番目の画像)。全8頁の内の最後の部分だけが切手で、バス型の切手が1枚収められています。

Shapesspa
 その他には、ローマ数字II型の型抜き切手(7月)、正六角形の切手(6月)、十字型の切手(9月)も発行されました。

| | コメント (0)

スペインの変わり種切手(特殊素材編)

Wood1spa
 スペインの新切手を約半年注文していないうちに、たくさんの変わり種切手が発行されました。
 遅ればせながら注文した切手が届きましたので、ご紹介していきます。

 まずは木製切手2点です。上の画像の切手は、2020年9月に発行された切手で、スキャン画像でやや不鮮明ですが、切手本体が切り株型に型抜きされており、中心部分は樹木のシルエット型の穴が開いています。
 また、少し前の6月には探検家シリーズ(初代フィリピン総督のミゲル・ロペス・デ・レガスピ)の木製切手も発行されました。この切手も注文したのですが、どうも間違えて注文したらしく、消印付のもの(2番画像)が届いてしまいました。次の機会に未使用を再注文したいと思います。

Wood2spa

 特殊素材切手としては、5月に身分証明書(IDカード)75周年を記念した切手(3番目の画像)が、薄いプラスティックでできており、IDカードのラミネート加工の雰囲気を出しています。
Idspa

 

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »