« 2020年6月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年8月

2020年8月29日 (土)

超高額の純金添付暗号切手(仮想アイテム付き切手)

Cryptog10
 6月に発行された暗号切手の第2弾をご紹介したばかりですが、翌7月には、さらに純金バージョンの暗号切手も発行されました。
 画像のとおり、昨年発行されたユニコーン図案の暗号切手をベースにしたものですが、注目すべきは、額面が500ユーロと超高額な点、そしてタブ部分に1グラムの純金インゴット(オーストリア造幣局製)が添付(はめ込み)されている点です。
 発売価格は額面と同じ500ユーロでしたので、購入できた人は、純金1g(約7,200円)分だけ得をするという良心的な(?)価格設定です。

 裏面(画像2番目)を見ると、パスワード部分にスクラッチ、純金インゴットの裏面にホログラムのような加工(潜像加工か?)がなされています。なお、裏面からも純金インゴットが見えることから、プラスティック製切手の厚みと同じ厚みのインゴットがはめ込まれていることが判ります。
 以上を整理すると、この切手は、特殊素材(プラスティック製)、異物添付(純金インゴット)、特殊印刷(スクラッチ)、アイデア切手(仮想アイテム付)という、変わり種切手の色々な要素を有している切手ということになります。

Cryptog2

 ケースも少しだけ凝っています。
 まず金色の紙袋を開けると、中に黒を基調とした紙製フォルダーが入っています。超高額切手なのでもう少し高級な材料でも良かったと思いますが。かさばらずに保存できる点は助かります。
Cryptog3
 そのフォルダーを開けると、飛び出す絵本のような感じで、切手が現れます。
Cryptog4

 ちなみに製造枚数は999セットです。しかもその内売り出されたのは500セットだけで、残りの499セットは秋に実施するクジの景品に取り置かれているそうです。
 発売直後はebay等で2,000ユーロ超で出品されていましたが、今は落ち着いて1,000ユーロ前後で取引が成立しているようです。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

暗号切手(仮想アイテム付き切手)第2弾(続報)

Cryptoc
 暗号切手に関して、追加のアイテムが届きましたのでご紹介します。

 1つ目は実逓カバー(最初の画像)です。
 オーストリアのコレクターから送付してもらいました。
 封筒の右上に貼付しているのが切手本体で、封筒中央上に貼付している横長のものは切手を剥がした後の台紙です。

Cryptou1 Cryptou2
 2つ目は消印付です。オーストリア郵政では、未使用と共に使用済(消印付)の切手も額面で販売しています。
 特殊素材切手の場合この消印が特別な印刷で施されていることも多いのですが、今回は残念ながら通常の手押印のようです。ただし、インクは赤色です。

 

| | コメント (2)

2020年8月 3日 (月)

暗号切手(仮想アイテム付き切手)第2弾!!

Crypto1_20200802214201
 暗号切手(仮想アイテム付き切手)の第2弾が6月25日に発行されました。
 困ったことに今回は「パンダ(Panda)」「ミツアナグマ(Honigdachs)」「ラマ(Lama)」「イヌ(Doge)」の4種類の動物の図案でそれぞれの発行枚数は前回の6割に減りました。デジタル画像の出現数は、赤600、黄4,000、青8,000、緑16,000、黒31,400と 同じ割合です。全色を集めると、5色×4種=20種 となりますが、さすがに全部集めるのは諦めました。こういった切手の濫発はやめてほしいものです。
 ちなみに、第1弾は「プラスティック製」「ホログラム」「スクラッチ」でしたが、第2弾は「厚紙製」「単色の箔押し」「シール」となっています。シールというのは、第1弾ではスクラッチで隠されたパスワード部分が今回はシールを剥がすタイプに改良されました。(画像2番目・3番目参照)
 また、オーストリア郵政の暗号切手専用サイトも第2弾対応型に更新されています。

Crypto2_20200802214301

Crypto3_20200802214301

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

COVID-19関連の変わり種切手(続報)

Covid1
 前回ご紹介したマスク切手の他にもいくつかのCOVID-19関連の変わり種切手が届きましたので、ご紹介します。
 1つ目は、円形の小型シートです。円形シートは最近では珍しくもありませんが、マスク切手のプリント柄と共通する図案だったため、1セットだけ購入しました。ちなみに画像はギニア・ビサウ発行のものですが、トーゴを始め数か国からオムニバスで発行されています。

Covid2
 2つ目は、マスク切手と同じトーゴが発行した木製切手です。ウイルスと関係ないのに「なぜ木製切手?」という疑問が残りますが発行されてしまったものは仕方がありませんので、入手しました。ちなみにシート右上にシリアル番号が入っていますが、発行枚数は不明です。

Covid3_20200802211301  
 3つ目は、ギニア・ビサウから発行されたナイロン・ペーパー製の小型シートです。他の切手とは異なるタイプのデザインです。これにも右下にシリアル番号が入っています。

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年10月 »