« アンドラ公国の変わり種切手(2018-19) | トップページ | 「郵趣」5月号の特集記事 »

2020年3月30日 (月)

隕石粉混入の切手

Meteonz1
 2018年5月にニュージーランドから発行された「宇宙開拓者」切手については、既にレンチキュラー切手をご紹介しましたが、同じセットの紙製切手5種については、隕石粉を混入した切手だということが判りました。ニュージーランド郵政の解説にも"meteor dust applied to overgloss "と書かれていますがそれを見逃していました。
 切手中央の人物の周囲の円形の枠の上に盛り上げ印刷がなされており、その中に黒い粒が混入されているのが判ります。
Meteonz2

|

« アンドラ公国の変わり種切手(2018-19) | トップページ | 「郵趣」5月号の特集記事 »

・異物が添付・混入された切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンドラ公国の変わり種切手(2018-19) | トップページ | 「郵趣」5月号の特集記事 »