« 2020年2月 | トップページ

2020年3月

2020年3月30日 (月)

隕石粉混入の切手

Meteonz1
 2018年5月にニュージーランドから発行された「宇宙開拓者」切手については、既にレンチキュラー切手をご紹介しましたが、同じセットの紙製切手5種については、隕石粉を混入した切手だということが判りました。ニュージーランド郵政の解説にも"meteor dust applied to overgloss "と書かれていますがそれを見逃していました。
 切手中央の人物の周囲の円形の枠の上に盛り上げ印刷がなされており、その中に黒い粒が混入されているのが判ります。
Meteonz2

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

アンドラ公国の変わり種切手(2018-19)

Andorrarock
 新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて、国際線減便による郵便遅延や海外郵政オフィスの業務停止等により、海外に注文した切手の到着が遅れています。また、円安傾向も続いていますので新規の注文も控えています。
 ということで、これまでに購入したもののブログに掲載するタイミングを逃していた変わり種切手を、遅ればせながらご紹介します。

 まずは、スペインとフランスの間に挟まれた小国アンドラの切手です。

 上の画像は、2018年4月に発行された橋を描くヨーロッパ切手ですが、中央の石橋の図案の上に盛り上げ印刷で石粉が混入されています。
 石橋部分を拡大したのが2番目の画像ですが、地字の色と混ざってしまい、石粉の存在が判りにくいです。

Andorrarock2

 3番目の画像は、スペイン島でも何度か発行されている、型抜きを併用した変形切手3主です。左から、2018年6月、2019年1月、2019年8月の発行です。
Andorrashape_20200329232701

 4番目の画像は、2019年5月に発行された、レンチキュラー切手です。アンドラの風景を描く小型シートですが、角度を変えると、昼の写真と夜の写真が入れ替わります。
Andorra3d

 アンドラは、記念・特殊切手の発行件数が年間14件程度なのですが、結構変わり種切手が多く、しかも額面が比較的安く良心的です。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

エージェント企画の木製・絹製切手(その4)

Wooddjibouti
 これまで3回にわたってご紹介してきたエージェント企画の木製・絹製切手(トーゴの木製切手を含む)ですが、また3点入手しました。
 最初の画像は、ジブチの馬の図案の木製切手です。その他、ニジェールとモルディブの絹製切手も確認できました。
 その後も注意していますが、どうやらこれで打ち止めのようでホッとしています。ただ、昨年生誕50年を迎えたガンジー関連の変わり種切手が何点か発行されていますので、その入手に努めています。現物が届きましたらまたご紹介します。

Silkniger

Silkmaldives

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

リヒテンシュタインの限定版絹製切手

Silkliechten
 リヒテンシュタインは、3月2日に「リヒテンシュタイン公75歳・公妃80歳」記念シートを発行しましたが、通常版と併せて3,000部発行の限定シートも発行されました。無目打なので分かりにくいですが、2.00CHFと4.30CHFの2枚の切手を収めた絹製シートで、販売価格は75.00CHFでした。
 昨年も抽選で限定2019部の刺繍切手が販売されましたが、今回も事前抽選制で、残念ながら私は外れました。そのため、ドイツの切手商からかなり割高の値段で購入したものです。
 厚紙でできたケースに入れられ、シートにはシリアル番号もありますが、それほど豪華なものではなく、75CHFでも高く感じられます。正直言って期待外れで、この程度なら額面の倍ぐらいで売って欲しかったです。
Silkliechten1
Silkliechten2
Silkliechten3

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ