« ヨーロッパからの実逓便(オーストリア) | トップページ | エージェント企画の木製・絹製切手(その2) »

2020年1月11日 (土)

ヨーロッパからの実逓便(フランス)

Ana
 今回の旅行のメインの目的は、ルーブル美術館で開催中のレオナルド・ダヴィンチ展の観覧でした。油絵についてはエルミタージュ美術館から「ブノアの聖母」が来ていたぐらいでしたが、素描やデッサン類の充実は素晴らしく、特に全日空のマークの元絵となったヘリコプターのデッサンの原画を見られたのは貴重でした。

 とはいえ、実際の観光は12/26と最終日の12/28の2日間だけでしたし、フランスの変わり種切手もそれほど多くないので、絵葉書に貼ったカバーを数通差し出しただけでした。

【成功例】
Coverfr1
 八角形、ハート型、楕円形の切手を貼った絵葉書です。

【失敗例】
Coverfr2
 残念ながら、今回も消印漏れがありました。また、2018年の訪問時に消印漏れだった葉書を再投函してみましたが、今度は90度違う個所に押印されてしまいました。正方形の葉書はリスクが少し高いです。

 

|

« ヨーロッパからの実逓便(オーストリア) | トップページ | エージェント企画の木製・絹製切手(その2) »

・変わった形の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨーロッパからの実逓便(オーストリア) | トップページ | エージェント企画の木製・絹製切手(その2) »