« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月19日 (日)

ヨーロッパからの実逓便(スペイン)

Postspa

 年末の海外旅行の3か国目のスペインから送ったカバーをご紹介します。実は、投函した封筒で届いていないものが2通あるのでしばらく待っていましたが、現時点ではまだ未着です。
 なお、冒頭の写真はマドリードの中央郵便局の建物です。

【成功例】
Coversp1
Coversp2
 今回の最大の収穫のゴム製切手のカバーです。封筒に普通に貼ったもの(上:切手が厚みでかなり盛り上がっています。)と、段ボールを使って窪みを作って切手貼付面を平らに近づけたもの(下)の両方をポストから投函したところ、奇跡的に機械印(インクジェットではありません)がきちんと押されたカバーが1通ずつ届きました。

Coversp3
 バスケットネット添付切手と木製切手のカバーも作りました。木製切手のカバーは4通投函したのですが、消印が切手上に押されたのは1通だけでした。やや薄い消印ですが仕方ありません。

Coversp4
 アセテート製透明切手と、ユーカリの香り付き切手のカバーです。ユーカリの香り付き切手はシートから切り離すのが大変でした。

【失敗例】
Coversp5
 上のカバーはバスケネットが剥離してしまった状態で届きました。下のカバーは消印の位置が下側になってしまったものです。

Coversp6
 不思議なことに、切手を無理やり剥がした状態のカバーも届きました。封筒の色から、アセテート製透明切手(上)と、木製切手(下)が貼ってあったものだと判りますが、どちらも強力なセルフ糊で貼付されていたはずですので自然に剥がれたとは思えません。また、平べったい切手ですので押印の邪魔になるから剥がしたとも考えにくいです。
 少し額面が高い切手(3.5ユーロと2ユーロ)でしたので、ポストから収集した人が価値がある切手だと思って、盗んだのかもしれません。

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

スペインの変わり種切手(2)

Rockspa1
 12月に注文したスペインの変わり種切手が、正月明けにようやく届きました。

 最初は、郵趣1月号にも掲載されていた、10月発行の石の粒子が混入された切手です。
 スキャン画像ではわかりませんが、図案の鉱夫の表面に石の粒子入インクが使われています。
 単片の額面が3.5ユーロと、やや高い切手です。

Buspa1
Buspa2  
 次は、これも郵趣1月号に載っていた10月発行の変形切手入シートです。世界遺産「ウベダとバエーサのルネサンス様式の記念碑的建造物群」を描いた切手で、それぞれの地域の頭文字のUとBの形をした切手を収めています。にあるシート全体の画像では分かりにくいので、裏面の画像も載せます。

Animespa
 次も変形切手ですが、11月に発行されたスペインのアニメキャラクターを縁取った変形切手です。背景の違う6種が連刷になっています。1枚の額面が0.6ユーロなので、6連刷でも3.6ユーロと良心的です。

 さらに、必ずしも変わり種切手とは言えませんが、少し面白い切手を2点ご紹介します。
Xmasspa 
 上の画像は、11月発行のクリスマス切手のフルシートですが、全部で何枚の切手があるのか分るでしょうか?
 図案の中で完全に四角形の切手全体が描かれている部分だけが切手で、12枚が正解です。

Seaspa
 最後にご紹介するのは、11月発行の全国切手展(EXFILA)記念切手シートです。ちょっと見ると何かの特殊素材か特殊印刷の切手に見えますが、実際にはアセテートでできた透明素材のホルダーに、通常の紙製切手を差し込んだだけのものでした。
 切手シート本体とアセテート製のホルダーを外した状態が、下の画像です。
Seaspa2

 

 

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

エージェント企画の木製・絹製切手(その2)

Woodsierra
 昨年12月にご紹介した、エージェント企画の木製切手絹製切手がまた見つかりました。

 冒頭の画像は、シエラレオネの木製切手です。

 また、ギニア共和国からも2種の木製切手が発行されています。
Woodguinee

 さらに、絹製切手についても、モザンビークからの発行がされました。
Silkmoz

 このタイプの切手の発行が他にないか、引き続き注意していきます。

 

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

ヨーロッパからの実逓便(フランス)

Ana
 今回の旅行のメインの目的は、ルーブル美術館で開催中のレオナルド・ダヴィンチ展の観覧でした。油絵についてはエルミタージュ美術館から「ブノアの聖母」が来ていたぐらいでしたが、素描やデッサン類の充実は素晴らしく、特に全日空のマークの元絵となったヘリコプターのデッサンの原画を見られたのは貴重でした。

 とはいえ、実際の観光は12/26と最終日の12/28の2日間だけでしたし、フランスの変わり種切手もそれほど多くないので、絵葉書に貼ったカバーを数通差し出しただけでした。

【成功例】
Coverfr1
 八角形、ハート型、楕円形の切手を貼った絵葉書です。

【失敗例】
Coverfr2
 残念ながら、今回も消印漏れがありました。また、2018年の訪問時に消印漏れだった葉書を再投函してみましたが、今度は90度違う個所に押印されてしまいました。正方形の葉書はリスクが少し高いです。

 

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

ヨーロッパからの実逓便(オーストリア)

Postat
 年末の12/25-29にヨーロッパ旅行へ行ってきました。3泊5日でオーストリア、フランス、スペインの3か国を回るという強行日程で、パリでは交通ストにも悩まされましたが、美術館巡りとグルメを楽しんできました。
 併せて現地から変わり種切手の実逓便もたくさん送りました。一部はshopの常連の方にもお送りしましたが、その成果をご紹介します。
 まずは、12/25のオーストリア(ウィーン)編です。滞在は12/25の1日だけでしたので、休日も空いている(はずの)中央郵便局(最初の画像)へ足を運びましたが、残念ながら12/25だけは終日休みとのことでした。仕方がないので中央郵便局前、ウィーン西駅、空港の3か所のポストに封筒を投函しました。

【成功例】
Coverat1
 まずは、最近発行されたばかりのスワロフスキー添付切手のカバーです。2年前の発行分と合わせて、最近導入されたらしいインクジェット印がきれいに押されています。

Coverat2
Tokiat
 次は、3年前に訪問した際に消印漏れだった刺繍切手と陶器製切手の封筒を再利用したカバーです。ポスト投函なので期待していませんでしたが、インクジェット印が押されたものが1通ずつ届きました。
 陶器製の切手はやや不鮮明ながら12/27の日付が何とか読み取れます。

【失敗例】
 ただ、成功例と言えるのは上の4通だけで、他のほとんどは消印漏れのまま届きました。

Coverat3
 特に残念だったのが、昨年話題を呼んだ暗号切手です。複数送りましたが全部失敗です。かなり高価で購入した切手なのに無駄になりました。

Coverat4
 また、スワロフスキー添付切手等も、多くが消印漏れのまま届きました。どうやらオーストリアでは特殊素材切手には原則消印が押されないようですね。

 

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

スペインの変わり種切手(1)

Woodspa
 2019年前半は比較的おとなしかった、スペインの変わり種切手発行ですが、後半は発行ラッシュとなっています。
 まずは、10月に発行された木製切手(画像上)で、探検家フランシスコ・アントニオ・モウレルを讃えた切手です。

 次は、9月に発行された変形シートのシリーズの「2000年代」です。2000の下2桁の「00」を象った穴あきの変形シートですが、中の切手自体は普通の四角形切手です。

2000spa

 なお、最近届いた「郵趣1月号」に掲載されている「石の粒子入りインキ」を使った切手(鉱夫)は現在注文中です。届きましたらまたご紹介します。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

月面着陸50周年蓄光インク切手

Glowaus
 先日ご紹介した、スワロフスキー添付切手とともに取り寄せたのが、画像の切手です。実は昨年7月に発行されたのですが、送料のことも考え購入が後回しになっていました。
 アポロ11号の月面着陸50周年を記念したもので、シートの月の部分に蓄光インクが使われ暗闇で光ります。月の面積はシートの8割ぐらいを占めているので、シート全体がボワッと光る感じです。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »