« キュラソーの砂混入切手 | トップページ

2019年3月18日 (月)

バチカンの刺繍切手

Embroivat1_2
 先日、リヒテンシュタインの刺繍切手をご紹介しましたが、翌2月にはバチカンからも、バチカン市国90年を記念した刺繍切手が発行されました。
 困ったことに、切手単独では発売されず、切手1種とFDC1通がケースに納められたセットでのみ発売されました。20,000セット限定で、FDCの封筒上にシリアル番号が入れられています。
Embroivat2
 切手の額面はEUR8.40ですが、バチカン郵政では1セットEUR28.00で発売されました。現地ではすぐに売り切れになり、ebayでは2倍以上の価格で取引されています。イタリアの切手商から3セット購入しましたが、ケースが重いということで送料も3,000円ぐらいかかってしまい、かなりコストがかさんでしまいました。
 20,000セットというのは決して少ない発行数ではないので、日本の切手商に普通に入荷するなら、もう少し安く買える可能性もあります。

|

« キュラソーの砂混入切手 | トップページ

・ユニークなアイデア切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キュラソーの砂混入切手 | トップページ