« 2019年2月 | トップページ

2019年3月

2019年3月18日 (月)

バチカンの刺繍切手

Embroivat1_2
 先日、リヒテンシュタインの刺繍切手をご紹介しましたが、翌2月にはバチカンからも、バチカン市国90年を記念した刺繍切手が発行されました。
 困ったことに、切手単独では発売されず、切手1種とFDC1通がケースに納められたセットでのみ発売されました。20,000セット限定で、FDCの封筒上にシリアル番号が入れられています。
Embroivat2
 切手の額面はEUR8.40ですが、バチカン郵政では1セットEUR28.00で発売されました。現地ではすぐに売り切れになり、ebayでは2倍以上の価格で取引されています。イタリアの切手商から3セット購入しましたが、ケースが重いということで送料も3,000円ぐらいかかってしまい、かなりコストがかさんでしまいました。
 20,000セットというのは決して少ない発行数ではないので、日本の切手商に普通に入荷するなら、もう少し安く買える可能性もあります。

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

キュラソーの砂混入切手

Sandcur1
 カリブ海のキュラソーから2016年8月に発行された、「キュラソーの湾」を描く地図切手に、砂が混入されていることが判りました。
 図案の白インクで示された陸地部分に、非常に細かい黒い粉のようなものが混入されています。これまでの異物混入切手は盛り上げ印刷によるものが多かったですが、この切手は通常のオフセット印刷で、白いインクの中にパウダーのような砂を混ぜています。
Sandcur2

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ