« リヒテンシュタインの刺繍切手 | トップページ | キュラソーの砂混入切手 »

2019年2月 9日 (土)

新型「ビニール・レンズ切手」

Iraq1

 画像の切手は、イラクから2018年9月に発行された、同国の詩人Muzaffar Al-Nawab氏を描く切手です。正確な材質はわかりませんが、ビニールのような柔らかいプラスティック素材で出来ています。
 さらに素材の表面には、格子状にレンズのような微小な溝が付けられており、光にかざすと、各格子ごとに光の点が浮かび上がります。デジカメ画像ではきれいには再現できませんが、下の画像の切手の表面に、4×3=12個の光の点が浮き上がっているのが判りますでしょうか。
 一応、「ビニール・レンズ切手」と名付けてみましたが、他に良いネーミングがあればコメントください。
Iraq2

|

« リヒテンシュタインの刺繍切手 | トップページ | キュラソーの砂混入切手 »

・特殊な材質の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リヒテンシュタインの刺繍切手 | トップページ | キュラソーの砂混入切手 »