« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月19日 (月)

中央アフリカのスクラッチくじ付切手

Macaoscratch

 9月にマカオで開催されたアジア国際切手展の会場で販売された小型シートが届きました。
 全体が寺院の建物の形をした変形シートで、扇形の切手が4枚納められています。これだけでは珍しくはありませんが、シート下部にスクラッチのくじが付いているのが注目されます。"WIN YOUR STAMPS"と書かれていますので、賞品は切手だったようです。

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

絵の具添付切手

Paint1

 9月にエストニアから新しいタイプの異物添付切手が発行されました。
 画像のとおり、パレットを象った小型シートですが、その右端の青い絵の具をこぼしたような図案部分に、水彩絵の具が添付されているのです。裏面に説明のイラストがありますが、この部分に水を付けてこすると、絵の具が使えるようになっています。
Paint2
 なお、今日まで開催されていた全国切手展JAPEXの会場には、エストニア郵政のブースがあり、そこで1枚1,300円で販売されていました。また、この切手の製造を行ったカルトール社の展示ブースでも、昨日紹介した「帆の断片添付」切手と並んでこの小型シートが展示されていました。
 上の画像は、カルトール社のブースで無料でもらえた記念シールを貼って、エストニア郵政の記念印を押したものです。良い記念品ができました。

| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

帆の断片添付切手

Yacht1

 コロンビアから7月に発行された、異物添付切手が届きました。海軍の練習帆船であるARC GLORIA号の50周年を記念した切手で、後部の帆の部分に、本物の帆の断片が添付されています。「帆布」と表現すると、ズックとも呼ばれる丈夫な布地の意味になりますので、あえて「帆の断片」と呼ばせてもらいます。
 帆の断片部分の拡大画像は次の通りです。
Yacht2
 製造は、フランスのカルトール社で、限定1,800枚の発行です。
 それほど豪華ではありませんが、紙製の箱の中に説明書と共に収められています。また、説明書にはコロンビア海軍司令官とカルトール社社長の「自筆」サインが入っています。
Yacht3
 問題は価格ですが、本来は1万円以下で買えてもよさそうですが、ネットを色々探しても高い店ばかりでした。結局アメリカの業者から購入しましたが、送料も入れると2万円近くかかってしまいました。痛い出費です。
 

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »