« ジャージー島(およびモン・サン・ミッシェル)にて | トップページ | ブータンの超立体切手 »

2018年9月24日 (月)

北朝鮮の絹製&レンティキュラー切手

Gandhikorea
 北朝鮮から最近発行された変り種切手を2点ご紹介します。
 1つ目は、7月に発行された、糸車を使うガンジーを描いた絹製切手です。小型シートが寺院の輪郭を描く変形となっており、絹製の変形シートはこれが世界初となります。
 確か、ガンジーの糸車は綿糸だったはずですが、なぜ絹製なのかは疑問のあるところです。
3dkorea
 2点目は、レンティキュラー切手で、8月にチェコのプラハで開催された国際切手展の会場で販売されていたものだそうです。
 花とミツバチ、そして蝶を描く2種の切手が納められた立体視タイプのもので、目打入と無目打の両方があります。
 

|

« ジャージー島(およびモン・サン・ミッシェル)にて | トップページ | ブータンの超立体切手 »

・特殊な印刷の切手」カテゴリの記事

・特殊な材質の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャージー島(およびモン・サン・ミッシェル)にて | トップページ | ブータンの超立体切手 »