« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018年2月13日 (火)

スペインの変り種切手4点

Spainbridge

 昨日付けの記事でご紹介した木製切手の他にも、スペインから続々と変り種切手が発行されています。最近のものから4点ご紹介します。
 1つ目は、2017年10月発行の組み立て型シートです。全国切手展を記念したもので、橋の図案が描かれ、シートを組み立てると橋とゴンドラが浮き上がります。組み立てた時の写真は「郵趣」誌2月号の49頁に掲載されていますので、ここでは展開した画像を載せました。なお、中央付近の黒い部分は穴が空いています。
 なお、「郵趣」誌2月号で紹介されていた石の粉入りの切手は、注文を忘れてしまいました。来月にでも注文する予定ですので、届き次第ご紹介します。
Spaintrain_2
 他の3点は、どれも2017年11月発行のものです。
 まずは、特急列車型の切手です。画像は背景が黒なので判りにくいのですが、列車の形に型抜きされています。3両編成?で車両間には目打があり、3つ折の状態で発売されました。なお、切手は1両目だけで、2・3両目はタブです。
Spainchristmas
 次は、恒例となりつつある、クリスマスの型抜き変形切手2種です。左側は中央の聖人部分、右側は星型の部分が切手となります。
Spaincoin
 最後は、古代の貨幣を描いた切手で、中央がひょうたん型の切手となっています。

| | コメント (0)

2018年2月12日 (月)

格安!の木製切手

Woodspain

 2017年11月16日発行の木製切手を2点ご紹介します。
 1つ目は、スペイン発行の「オセアニア発見」の切手で、2人の探検家を描く木製切手がペアとなっています。
 こういった特殊素材切手はコストがかかるため高額面の場合が多いのですが、この切手の額面は、それぞれ1.35ユーロ(2種ペアで2.70ユーロ)と非常に良心的です。
 2つ目は、スペイン郵政管轄のアンドラ公国で同日に発行されたクリスマス切手です。サイズが小さめで迫力は今一つですが、額面は0.50ユーロと格安です。
 ちなみに、スペインのものは2種連刷が8セットの合計16枚シートで、アンドラのものは何と50面のシートです。参考までにフルシートの画像も載せておきます。
Woodspains1
Woodspains2

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

オーストラリアの透明素材切手、フロック添付切手

Transaus

 オーストラリアの限定版変り種切手の続きを紹介します。
 1つ目が、透明素材製の「深海生物」切手です。プラスティック系の素材であることは確かですが、郵政の説明も"Clear self-adhesive minisheet"としか書かれていないので、正確な素材名は不明です。ケースの左側に通常の紙製切手、右側に透明素材の切手が納められています。(写真では裏側のスケッチブックのリングが透けて見えています。)
 発行部数は、わずか120部です。
Flockaus1
 2つ目は、フロックが添付された「多肉植物」切手です。セットのホルダーの外側に通常の切手シートが4種、中央にはフロック付の切手シートが4種収められています。
 フロックは、各シートの花の部分に付けられていますが、正直、透明のホルダーに入れられている状態ではすぐには判りませんでした。ホルダーから出して良く見ると、例えば右上の黄色い花のシートでは、雄しべの部分にフロックが添付されていることが判ります。(画像3番目)
 実は、このシートは郵政のサイトに"Minisheet are embellished on selected areas"と書いているだけでしたので、フロック添付ということに気づかず見逃していました。最近になって海外の収集家からの情報で気づき、慌てて注文した次第です。
 発行部数は250部です。
Flockaus2

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ