« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月21日 (月)

香港の五感切手

5senseshong1
 香港から7月に「五感」をテーマにした切手のセットが発行されました。
 まず、「聴覚」については、一部が砂粒を混入したインクで印刷され、その部分を引っかくことで音が出るようになっています。「視覚」については、図案のカメラレンズ部分が穴あきになって、そこから覗くことができます。「嗅覚」については、桃の香りが付いています。「味覚」については、裏糊にバニラ味が付いています。「触覚」については、図案のバスケットボール部分を熱膨張性インクで印刷して、ゴムのような手触りを実現しています。
 なお、このセットは、単片5種、5種×3枚シート(画像2番目)に加えて、絵本タイプのスーベニアパックも発売されました(画像3番目)。スーベニアパックの中には、各切手を2枚ずつ収めた特別小型シートが収められています(画像4番目)。
5senseshong2
5senseshong3
5senseshong4

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

木製切手2点

Woodaus1

 今年も、オーストリアから変わり種切手が発行されました。今年はオーストリア初の木製切手で、樹齢約210年のナラ(Oak,Eiche)材で出来ています。これまで各国で発行された木製切手との最大の違いは、ナラの樹木を象った変形切手になっている点でしょう。
 なお、この切手は、過去の磁器製切手やガラス製切手と同じように、紙製のホルダーに収められて発売されています(画像2番目)。
Woodaus2
 また、イギリス属領のジャージーからも木製の小型シートが発行されました(画像3番目)。これは、"Darwin Initiative"という自然保護プロジェクトの25周年を記念したものです。
Woodjer

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

世界初!!折り紙切手

Origami1spa

 スペインからは、7月にもう一つユニークな切手が発行されましたので、改めてご紹介します。
 折り紙切手と呼べば良いのでしょうか、小型シートに収められた正方形の切手を図示された手順にしたがって折りたたむと、手裏剣のような折り紙が出来上がります。少し厚手の紙に印刷され、切手上には薄く折り目となるガイドラインも付けられています。
 折りたたんだ状態で封筒に貼っても、そのまま切手として使えるそうですので、ぜひ折り畳んだ状態のカバーを見てみたいですね。
 試しに1つを入りたたんでみました(画像下)が、完成品の中央部分は何重にも紙が重なることになります。紙自体が少し厚手ですので、かなり厚みのある折り紙になってしまい、そのまま封筒に貼るのは大変そうだと感じました。
Origami2spa

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

スペインの変わり種切手5点

Gamespa

 春から夏にかけて、スペインから続々と変わり種切手が発行されていますので、発行順にご紹介します。
 まず、5月に発行されたのが、ビデオゲームを描く六角形切手6種入小型シートです(画像1番目)。各切手の白いアーチ状の入口部分は示温インクになっていて、暖めるとそれぞれ異なるアイテムが浮かび上がるようになっています。
 次は、世界遺産「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群」を描く円形切手入小型シートです(画像2・3番目)。これは、2月に発行された王立劇場再開20周年の小型シートと同様の、折り畳式の小型シートになっています。
Heritage1spa
Heritage2spa
 3番目は、スターウォーズのキャラクターを描いた、立体印刷切手です(画像4番目)。一見すると、6枚の切手が収められているようですが、切手として使えるのは上段中央のダースベイダーの切手1枚だけです。
Sw3dspa
 7月に発行されたのは、60年代と70年代の出来事等を紹介した変形小型シートで(画像5番目)、小型シート全体が60と70の数字を象っています。これは昨年11月に発行された50年代を紹介する切手に続くものです。
6070spa

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »