« ニュージーランドの変り種切手2点 | トップページ | 革製+スワロフスキー添付の切手 »

2015年10月22日 (木)

第50回JAPEX記念の非公式フレーム切手

Frame2015_5


10月30日~11月1日に開催される全国切手展(JAPEX)ですが、今年はちょうど50回目ということで、記念の特製(非公式)フレーム切手を作成しました。

これまで、押し花添付等の変り種フレーム切手を作りましたが、今回は「レンティキュラー印刷切手」に挑戦しました。(画像をクリックすると拡大します。)

題材は、北斎・富嶽三十六景「隅田川関屋の里」と広重・東海道五拾三次「吉原 左富士」の2枚の浮世絵で、角度を変えるとそれぞれの絵に切り替わるものです。
なぜこの2枚を選択したかといえば、「隅田川関屋の里」は第1回JAPEXが開催された1966年の国際文通週間切手の図案に、「吉原 左富士」は今年の国際文通週間切手の図案に採用されていることにちなんでいます。

はじめから絵の細かい浮世絵を使って下絵を作り、手作業でレンティキュラーレンズを貼り付けるのはかなり大変な作業ですが、何度も試作を繰り返して、ようやく世に出せる完成度のものが出来上がりました。

私自身は、10月31日(土)にJAPEX観覧へ行きますが、残念ながら当日はファンタスティック・スタンプクラブの会合がなく、他の皆様にお渡しする機会がありません。
一応余分を20枚程度持参していきますので、もし当日私(荒牧)を見かけたら「ブログで見た」と言ってください。1枚無料でプレゼントいたします。

|

« ニュージーランドの変り種切手2点 | トップページ | 革製+スワロフスキー添付の切手 »

・ユニークなアイデア切手」カテゴリの記事

・特殊な印刷の切手」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私のところにもレンティキュラー切手貼りのカバーが届きました。ありがとうございました。
要介護5で施設に入った母に続き、父も肺機能低下で家に帰れなくなりました。やむなく10月末で防府市のアパートを引き払い、山口市の実家に帰りました。上記カバーも今朝、転送されてきたものです。
家の大掃除、両親の介護、そして仕事と手一杯です。数年間は郵趣活動をセーブせざるを得ないと思います。無精が続きますがよろしくお願いします。
(新住所は別途、メールでご連絡します。)

投稿: 椙山哲太郎 | 2015年11月 6日 (金) 12時24分

椙山様
お忙しい中コメントいただき、ありがとうございました。
しばらく活動をセーブされるとのことで残念ですが、また数年後にどこかのイベントでお会いできるのを楽しみにしております。

投稿: 荒牧 | 2015年11月 6日 (金) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュージーランドの変り種切手2点 | トップページ | 革製+スワロフスキー添付の切手 »