« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月28日 (火)

ニジェールの木製切手

Woodnig1

マレーシア、オーストラリアと木製切手の発行が続きましたが、実は2013年にはニジェールからも木製切手が発行されています。中国系のディーラーでかなり高い値段で売られていたものなので、正式な切手かどうかはグレーですが、この機会にご紹介しておきます。

毛沢東生誕120周年を記念したもので、若き毛沢東の姿が描かれています。シート下方にはシリアルナンバーが入れられていますが、発行枚数は不明です。
同時に、女優時代の毛沢東夫人を描いた木製切手も発行されています。こちらは、少し小さ目です。
Woodnig2




| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

マンモスがいっぱい

Mammoth1_2

先週の土曜日(4月25日)に東京のスタンプショウ2015へ行ってきました。
恒例となりつつある、フレーム切手ですが、今年は愛知万博開催から10周年となるのを記念して、「本物のマンモスの毛」を添付した切手を製作しました。
今年のスタンプショウの会場には、アメリカ郵政とロシア郵政のブースも出ていましたので、アメリカ・1996年発行、日本・2005年発行、ロシア・2012年発行の3種類のマンモス図案の切手を貼付して、記念印を押してもらったシートが上の画像です。(クリックすると拡大します。)

帰りには、浅草郵便局へ行って、特定記録郵便での実逓カバーも作成しました(画像2番目)。
Mammoth2


しかし、ポストに投函したカバーの方は、郵便局員が間違ってロシアの切手の上に消印を押してしまい、フレーム切手の方は消印漏れとなってしまいました。(画像3番目)
残念です。
Mammoth3

| | コメント (1)

2015年4月12日 (日)

モナコのフロック付切手

Flockmon

 モナコが今年1月に発行したエイズ対策の切手に、フロックが添付されていることがわかりました。
 画像の切手のハートと唇の部分に、赤いフロックが付けられています。

 フロック部分を拡大したのが、下の画像です。

Flockmon2




| | コメント (0)

2015年4月11日 (土)

オーストラリアの木製切手

Woodaus

 先日、マレーシアの木製切手をご紹介しましたが、3月にオーストラリアからも木製切手が発行されました。
 画像のように、10面のセルフ糊式切手のシートで、通常の紙に印刷した10面シートとセットで販売されています。

 素材に使われている木材は、"Lemon-scented Gum"と呼ばれる、レモンの香りのする葉を持つ樹木だそうです。

| | コメント (2)

2015年4月 5日 (日)

マレーシアの変わり種切手3点

Embroiderymal

 今年2月にマレーシアから、3点の変わり種切手が発行されましたので、ご紹介します。

 最初は、刺繍付き切手です(画像1番目)。1年ぐらい前にほぼ同じ図案の穴あき小型シートが発行されていましたが、今回は、本物の刺繍が添付されています。刺繍部分は色の数も多く、かなり豪華なものです。
10,000セットの限定発行とのことです。

Woodmal

 次は、木製の年賀切手です(画像2番目)。画像ではわかりにくいのですが、左側の大きな羊の部分が切手になっています。切手部分だけを使用した実逓カバー(画像3番目)も作成したので、参考にしてください。

Woodmalc

 最後は、「しわ加工紙(条痕紙)」製の切手です(画像4番目)。この特殊用紙の切手は、昨年エストニアが初めて発行して話題となりました(「郵趣」誌2015年1月号P7参照)。
 今回はおそらく2番目の発行例になると思います。

Papermal

 今年も各国から大量の変り種切手が発行されていますので、収集範囲を少し縮小せざるを得なくなっています。とりあえず、単純な円形切手の収集は休止することにしました。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »