« カナダ・香港の布製切手 | トップページ | レーヨンからナイロンへ »

2015年3月14日 (土)

気づかなかった絹製切手(オーストラリア・クリスマス島)

Silkaus

 変わり種切手に関する情報収集は、頑張って行っているのですが、完全に死角だったのがこの絹製切手です。このブログでもオーストラリアの変わり種切手をしばしば紹介しているとおり、オーストラリア郵政のHPはいつもチェックしているのですが、クリスマス島の年賀切手に絹製切手のパックがあることに気づきませんでした。
 年賀切手のコーナーの最初のページには紹介されず、2ページ目に掲載されていたので気づかなかったのですが、気づいたときはもう売り切れで、大慌てでネットで売り物を検索して入手しました。

 この絹製切手はスペシャルパックとして販売されており、通常の紙製小型シート、絹製小型シート(目打入)、絹製小型シート(セルフ糊)の3点がセットになって、紙製のケース(タトウ)に収められています。
 画像(上)は、そのうちの絹製小型シートです。実際に手に取ってみると、2つは材質が少し異なり、セルフ糊の方は絹というよりもプラスティックのような手触りです。先日ご紹介した、ニジェールのナイロン・ペーパー製小型シートにと同じ材質のようです(2015年3月30日表記修正)。

 なお、この絹製小型シートのセットは、昨年(2014年)にも発行されていたようです。1年以上も存在に気が付かなかったことになり、悔しい限りです。
 今年と同様に3種類のセットで販売されたようですが、セットで売っている店が見つからず、現時点で、セルフ糊の方のみ先に入手できました。(画像下)

Silkaus2014

 

|

« カナダ・香港の布製切手 | トップページ | レーヨンからナイロンへ »

・特殊な材質の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナダ・香港の布製切手 | トップページ | レーヨンからナイロンへ »