« 会場限定発売のホログラム切手 | トップページ | ナイジェリアの新ホログラム切手 »

2014年1月 4日 (土)

収集分野の縮小

あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

2014年は、ソチオリンピックやサッカーのワールドカップ等、変わり種切手がまたたくさん発行されそうな予感です。

近年、変形・変わり種切手もかなり濫発されており、すべてを購入していくのが少し大変になってきましたので、以下の4分野については、昨年(2013年)発行分までで収集を停止することにしました。
長年集めてきた分野を切り捨てるのは、忍びない気もしますが、なにぶん切手購入に使えるお金が限られていますので、少し新切手の購入費を節約していきたいと考えております。

(1)セルフ糊式変形切手
 最近は、セルフ糊切手は珍しくもなんともなくなってきています。2014年2月で発行50周年を迎えるのを機にやめることにしました。

(2)ホログラム印刷切手
 ホログラム切手自体は好きなのですが、最近は、部分的なホログラム箔だったり、透明ホログラム箔のものも多くなり、一目でホログラムとわかる切手が少なくなってきました。
 2013年秋に発行25周年を迎えたのを機にやめることにしました。

(3)ラメ入り印刷の切手
 ラメ入りということで、異物混入または特殊印刷の一種になりますが、最近では、ネイルや携帯のデコレーションでラメ入りが多く使われており、特殊性が薄れていると判断しました。

(4)点字入り切手
 点字入り切手は、エンボスまたは盛り上げ印刷切手の一種ですので、特殊印刷切手として集める意味が薄れていると考えました。

|

« 会場限定発売のホログラム切手 | トップページ | ナイジェリアの新ホログラム切手 »

切手全般」カテゴリの記事

コメント

収集分野の縮小、ごもっともです。私もセルフ糊はもはや変り種ではなくなったと思います。ホログラムについても同様で、よほどのことがない限り記録するだけに留めています。個人的には日本にはない郵便制度といった「用途」の変り種(変わった用途の切手)に力点を移したいと考えています。

投稿: 椙山哲太郎 | 2014年1月 5日 (日) 03時25分

椙山さん、本年もよろしくお願いいたします。
上記4分野の切手も、2013年発行分まで集めており、年の後半になって限定発行の高額品を注文したりと、もうしばらくは振り回されそうです。
なおセルフ糊切手については、50周年を記念した作品を4月のトピカル切手展に出品しようかと計画中です。

投稿: 荒牧 | 2014年1月 5日 (日) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会場限定発売のホログラム切手 | トップページ | ナイジェリアの新ホログラム切手 »