« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

トルコ発行・海亀図案のレンティキュラー印刷切手

Turkey3d1

 昨年、恐竜図案のレンティキュラー印刷(立体印刷)切手を発行したトルコから、今年6月にも海亀図案のレンティキュラー印刷切手が発行されました。「メルスィン地中海競技会」を記念した切手とのことですが、シンボルマークに海亀が使われている関係でこの図案になったようです。
 昨年は、結構分厚い解説本に入れられていましたが、今年は同時発行された通常の切手を収めた小型シート・FDCと一緒に簡素なフォルダーに入っているだけですので、かさばる心配はありません。しかも、この切手だけを単独で売ってくれる店があったので、少しは安く買えたと思います。

 届いた切手を見て、大いに気になったのが周囲の目打(切り離し用の穿孔)です。近年、トルコ切手でも多くみられる変形目打(楕円形+星形)が使われています。
 変形目打は偽造防止目的で使われることが多いですが、レンティキュラー印刷切手の偽造は難しいので、この切手に変形目打を採用する必要性は乏しいです。また、おそらくこの切手は1枚ずつ切り離した状態で売られたはずですので、2枚ペアの状態でないと全体の形が判らない星形目打を使っても、それとは気づかれない可能性もあります。

 それでもあえてこのような目打を付けたのは、トルコ郵政または印刷会社のこだわりなのでしょうか。

Turkey3d2_2

 

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

ドイツ・ローカル変形切手

Vlotho

 最近入手した、非常にマニアックな変形切手を2点ご紹介します。どちらも2次大戦直後の混乱期において、切手不足に対応するために地方都市の郵便局で作られた暫定的なローカル切手です。

 画像上は、Vlothoで1946年に発行された円形の切手です。封緘シールの用紙を利用して作られたもので、裏面には糊も付いています。
 この切手は、ミッヘルのドイツ専門カタログに記載はあるものの、切手の画像は掲載されておらず、画像自体が貴重です。

 画像2番目は、Berlstedtで1945年に発行された三角形切手2種です。3番目の画像はその裏面ですが、何かの申請書類の裏面を使って作られています。ちなみに、三角形の枠線部分は鉛筆で、文字部分はペンで描かれています。
 これらの切手は、上記のカタログではUnofficial Issues/Private Creationsのコーナーで紹介されていますので、正規の切手には分類されませんが、興味深いアイテムです。

Berlstedt1

Berlstedt2

 なお、これらの切手は、10月19・20日に福岡市で開催される「スタンプショウはかた」で展示しますので、お楽しみに。

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

溶岩の粉が混入された切手

Volecu1

 エクアドルから、「溶岩の粉」が混入された切手が発行されました。(画像上)
 昨年死亡した、ピンタ島の最後のガラパゴスゾウガメである、通称「一人ぼっちのジョージ」を描いた切手で、亀の立っている溶岩部分に本物の溶岩粉が混入されています。

 たまたま、カラーマーク(切手の右余白部分に印刷された、各色別の丸印)付きの切手を入手しましたので、該当箇所を拡大してみたところ、透明の盛り上げインクの中に黒い粉が混ぜられていることが良くわかりました。(画像下)

 なお、この切手は、高額の小型シートとセットで発行されましたが、溶岩粉が混入されているのは単片切手のみです。海外の切手商のほとんどは、小型シートとのセットでしか販売していませんでしたが、日本の切手商ではバラ売りしてくれると良いのですが・・・。

Volecu2

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

シンガポールの種付切手

Seedsin1

Seedsin2

 シンガポールから7月に発行された「種付き」の切手が届きました。
 "Our City in a Garden"と題したセットで、周囲には国内の動植物を、中央部分には都市の景観を描いたオシャレなデザインです。

 その中の「センザンコウ」の絵の右下部分に、花の種が添付されています。

 なお、種が添付されているのは、額面$8の特別シート(画像上)と、セルフ糊式切手2種4枚を収めた小型シート(画像下)の2つです。
 同時発売の単片切手には、種は付いていません。

Seedsin0



| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

全国郵趣大会in大阪に出店します

もう2週間を切っておりますが、9月21日(土)・22日(日)に開催予定の「全国郵趣大会in大阪」のテーブルバザーに出店することになりました。
テーブルでは、世界の変わり種切手を中心に外国切手やカバーを色々と取り揃えてお持ちします。

1日目は、午後からの記念講演とミニセミナーを聴講したいので、営業(?)時間は、11:00~13:30だけとなりますので、ご注意ください。

2日目は、9:00~11:00です。恐らく1日目より来店者も少ないと思いますので、私が中学・高校時代(1980年前後に集めた外国切手を1枚10円均一で販売する予定です。
お楽しみに。

| | コメント (0)

2013年9月 4日 (水)

ブータン三角切手の電信使用

Bhutan1

 

 
 画像は、ブータンが1966年に発行した「雪男」を描いた三角形切手(および1968年の加刷切手)を貼った、電報の発信紙です。
 
 消印は、1969年7月24日と25日で、裏面には電文も書かれています。

 値段も安かったですし、なかなか面白い使用例だと思ったので、2通購入しました。

Bhutan2

| | コメント (2)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »