« ハイチ・北京五輪切手の初日カバー | トップページ | 世界最初のコイル切手 »

2012年8月16日 (木)

エリトリアの三角切手

Eritrea

 本日届いた、エリトリアの三角切手入りセットをご紹介します。

 エリトリアというのは、あまり耳にしない国名ですが、アフリカの東側の紅海に面した場所にあります。切手収集家には、ジブチの北隣といった方が判りやすいかもしれません。
 1993年の独立以来、国内情勢はかなり不安定のようで、国境なき記者団による「世界報道自由ランキング」でも最下位にランク付けされているほどです。

 切手の発行についても、一部で収集家狙いの濫発切手が出回っていますが、あまり情報が入らないのが実情です。画像の切手セットについては、2年ほど前にebayで実逓カバーが出品されているのを見て存在を知りました。残念ながら当該カバーは落札できませんでしたが、単片セットだけでも入手したいと思い探していたものです。
 発行年も判らないため、なかなか見つかりませんでしたが、先日、ラオスの切手商で売られているのを見つけ、無事手に入れることができました。

 ちなみに、発行年は2002年。「戦争犠牲者追悼の日」を記念して発行されたもので、収集家狙いの濫発切手とは少し趣が違います。スコットカタログにも収録されているそうです。発行されて10年後にやっと市場に出回ったようです。

|

« ハイチ・北京五輪切手の初日カバー | トップページ | 世界最初のコイル切手 »

・変わった形の切手」カテゴリの記事

コメント

時々ブログを拝見しています。いつも興味深い話題をありがとうございます。
エリトリアに限らず、最近のアフリカ諸国には、かつてのアラブ首長国を凌ぐ乱発国が多いですね。
その一方、希にこのセットのように"まじめな"切手も混じって発行されていて、果たして発行体が同一なのか疑ってしまいます。
郵趣サービス社でも、乱発国は一部を除き取り扱ってませんし、海外の通販サイトの記述ではCinderellaとなってることも多いので、どうなんでしょうね。
三角切手といえば、ハワイ郵便から初の△が発行されましたが、ご存じでしたでしょうか?
http://www.hawaii-post.com/2012-02AUG.html
民間郵便ですが、乱発国の切手より良い雰囲気出してるような気がします。

投稿: Heinrich | 2012年8月19日 (日) 17時26分

Heinrich様
いつもお世話になっております。
乱発切手については、あまりお金を使いたくないのが本心ですが、一応「可能な限り集める」つもりでおります。
アラブ土候国の切手のように、将来再評価される可能性もありますので…。
ハワイの民間郵便の三角切手の情報もありがとうございます。何かRattle Snake Islandsの三角切手に雰囲気が似ていますね。こちらも無理のない範囲で収集していますので、財布と相談して購入を検討します。

投稿: 荒牧 | 2012年8月19日 (日) 18時48分

こんにちは。このエリトリア切手は私は2009年1月にアメリカの新切手ディラーさんから買っています。特に流通難とは思いませんでした。値段は日本円で280円くらいでした。

投稿: 椙山哲太郎 | 2012年8月19日 (日) 20時40分

こんにちは。アメリカのディーラーでも取り扱っていたのですか。でも、2002年発行の切手が2009年になるまで流通しなかったのは諸事情があるのでしょうね。
値段については、私の購入価格も同じぐらいでした。同じ2002年発行のカメルーンのワールドカップ記念のように高くはありません。

投稿: 荒牧 | 2012年8月20日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイチ・北京五輪切手の初日カバー | トップページ | 世界最初のコイル切手 »