« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

ジャージーのホログラム切手

Holojersey

 2月発行のダイアモンド付切手に続き、6月にも英国のジャージー(Jersey)島からエリザベス女王ご在位60周年(Diamond Jubilee)記念切手が発行されました。

 今度はホログラム印刷で、中央部分に女王の肖像が描かれています。1994年にマン島から発行されたホログラム切手に少し似ていますが、サイズは一回り大きいです。

 問題は額面で、なんと1枚10ポンドもします。4枚のフルシートで入手するとかなりの高額になってしまう、収集家泣かせの切手です。

| | コメント (2)

2012年6月18日 (月)

タイタニックの3D切手

Bel3d1

 今年は、タイタニック号100年。それにちなんだ切手が各国から発行されていますが、ベルギーからは3D(立体)切手が発行されました。

 3D切手というと、傾けると図柄が変わるレンティキュラー印刷や、赤と緑の眼鏡をかけてみるアナグリフ印刷切手が有名ですが、今回のものは、付属のスコープを組み立てて覗くと立体的に見える、一番大がかりな(かさばる?)タイプの3D切手です。このタイプは、2009年にサンマリノで発行されて以来、2例目の発行です。

 上の画像は切手シート、下の画像は付属のスコープ(未組立)です。

Bel3d2

| | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

透明切手のカバー

Francetomei

 透明切手の実逓カバー(実際に郵便に使われた状態の封筒)を2点入手しましたので、ご紹介します。

 最初は、今年2月に発行されたフランスのハート型透明切手のカバーです(画像上)。濃いグレーの色の封筒なので、切手が透明であるのが良く判ります。また、白いインクのペンで書かれた宛名もオシャレです。

 2点目は、2008年にフィンランドから発行された世界初の透明切手です(画像下)。消印が2011年と少し発行年とずれているのが残念ですが、封筒の印刷が切手を通して透けて見え、こちらも透明切手であることが良く判ります。切手部分の拡大画像とともにご紹介します。

Finlandtomei1

Finlandtomei2

 

| | コメント (0)

2012年6月 9日 (土)

ナイジェリアのホログラム切手(続報)

Nigeriaholo 3月にこのブログでお伝えした、ナイジェリアのホログラム切手の件ですが、先日、11種目がようやく届きました。(画像参照)

 実は、3月に11種目が発見されたと連絡を受けた際に2セットを注文したのですが、先方が言うには「自分も今は1セットしか持っていない。2セット目を探してみるので少し待って欲しい。」とのことで、ずっと待っていました。

 2か月以上経ちましたが、無事入手できて一安心…と思ったら、残念なことに、切手に折目が付いていました。以前送られてきたホログラム切手も状態は良くなかったのですが、今回はさすがに高い代金($100)を払っているので、交換か返金をお願いするmailを送りました。
 一難去ってまた一難。どうなりますやら…。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »