« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

トピカル切手展審査評

 4月に出品したトピカル切手展の作品が戻ってきました。

 同封されていた「審査評」を見てみると、総合点は85点でした。85点以上が金賞ですので、ギリギリだったことになります。
 内訳をみると、大体は80~90%の得点ですが、「体系・展開」の中の「ストーリー」の得点が15点満点の11点と一番低かったです。しかし、変形切手という単純なテーマで、しかも1フレームということで、この分野の得点が低いことは予想の範囲内です。むしろ11点もいただけたのは善戦だったと思います。

 最後に「特記事項」として、「1フレームに適したテーマだと思います。変形切手を収集している方には羨ましい内容の作品です。目の保養をさせていただき、有難うございました。」と書かれていました。

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

セント・ヴァレンタイン・リターンメール

Valentin1

 スタンプショウ会場の日本郵趣協会ブースで受付していた、セント・ヴァレンタイン・リターンメールが無事届きました。
 これは、絵ハガキとハート型切手の専用セットを会場の特設ポストに投函しておくと、それを、フランスの「セント・ヴァレンタイン郵便局」に持ち込んで、国際郵便として返送してくれるサービスです。専用セットは500円とちょっと高いですが、夢のあるサービスだと思います。

 セットに入っている切手は、今年発行された額面1ユーロのハート型切手でしたが、受付の人に聞くと1ユーロ以上のフランス切手なら何を貼っても良いとのこと。さっそく2セット買って、持っていた透明のハート型切手(額面60セント)2枚(画像上)と、1年前に発行された種付き切手2枚(画像下)をハガキに貼りました。
 余った額面1ユーロのハート型切手は、通信欄に貼付して、スタンプショウの記念印を押してもらいました。

 透明のハート型切手は、探せば実逓カバーが入手できると思いますが、種付き切手の方はなかなか実逓便が見つからないので、これでも貴重な使用例になると思います。

Valentin2

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

ソチ五輪記念のセルフ糊変形切手

Sochi

 ロシアから、ソチ五輪記念の記念小型シートが届きました。
 夏のロンドン五輪もまだなので、ちょっと気が早い気がしますが、開催国のロシアでは盛り上がり始めているのでしょうね。

 画像では判りづらいですが、ソチ五輪のマスコットを描いた変形のセルフ糊切手が合計4種納められています。

| | コメント (2)

2012年5月 4日 (金)

受賞記念のフレーム切手

Frame1

 スタンプショウ関連の話題をもう一つ。今回、トピカル切手展の入賞記念に、オリジナル図案のフレーム切手を作成しました。
 何しろ、会場で売られていたフレーム切手は、スカイツリー図案で「スタンプショウ」の文字も切手も描かれていないものだったので、自分で記念の切手を作りました。

 上の画像は、そのフレーム切手を貼って自分宛に出したカバーです。
 下の画像は、10面のフルシートです(クリックすると拡大画像が表示されます。)。上部の余白には、フランスが今年発行したハート型切手を貼付して、会場に出店していたフランス郵政の記念印を押しています。
 10枚の切手の図案は、今回の出品作品から10種の変形切手を選びました。ちょっとバックグラウンドの黄色が強すぎましたが、なかなかの出来栄えで気に入っています。

Frame2

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »