« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

トピカル切手展・表彰式

Stampshow2

 スタンプショウに行ってきました。
 最終日(29日)の表彰式には、買ったばかりのスーツと転職祝いにいただいたネクタイで出席しました。(画像上は、表彰後の記念撮影です。左が私、中央が対象の石田氏、右が福井理事長です。撮影はファンタスティックスタンプクラブで知り合った市川さんにお願いしました。ありがとうございました。)

 金賞+特別賞(スタンプショウ2012実行委員会賞)の受賞ということで、表彰式後には見知らぬ方からもお祝いの言葉をかけていただいて、感激しました。
 また、大賞受賞者で植物切手がご専門の石田さんとお話しする機会もあり、私の作品の3リーフ目に展示したニューファンドランド島の三角切手(植物図案)等の話題で盛り上がりました。石田さんも関西の方だそうで、今後もご縁があると思います。

 なお、28日の夕方に開かれた交流会にも参加してきました。私は一応日本郵趣協会の会員ですが、支部にも所属しておらず、中央ではほとんど顔を知られていないません。委員の方々等に恐る恐るご挨拶したのですが、「変形切手を出品した荒牧と申します。」と言うと、皆様すぐ判ってくださり、スムーズに会話が進みました。切手展の上位入賞者は常連の出品者の方がほとんどなので、私のような初出品者は珍しく、気にかけていてくださったようです。ただ、私のことを「クラシック切手のゼネラルコレクター」だと勘違いしてらした方もいらしたようで、「次はJAPEXにクラシック切手を出品してください。」と言われたのには少々困りました。

 切手の話題で盛り上がった、楽しい1泊2日でした。

Stampshow1

| | コメント (2)

2012年4月 9日 (月)

トピカル切手展・審査結果

 こんにちは。

 先日の記事で、<スタンプショウ2012>のトピカル切手展に「19世紀の変形切手」というタイトルで出品をした旨ご報告しましたが、今日、その審査結果が届きました。
 初めての出品でよく知らなかったのですが、トピカル切手展は(初日ではなく)事前に審査が行われるのですね。

 結果は、なんと「金賞」です。自己採点よりかなり良い賞をいただきました。
 自分では、状態の悪い切手(破れている切手まであります)が何点かあったり、4リーフ分を使った民間郵便会社の切手の評価が低いのではといった心配をしていましたが、その点は致命的な減点にはならなかったようです。

 トピカル切手展では、出品数が少ないこともあって金賞が出ない年も多いです。特にワンフレームクラスでの金賞は私の記憶にはありません。

 せっかくですので、29日の表彰式には出席することにします。スーツを着て行かなければ…。 

| | コメント (6)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »