« 世界最小の切手(完結編) | トップページ | 北方領土のローカル切手??? »

2012年1月 9日 (月)

世界最小の切手(番外編)

Smallsel

 昨日、「完結編」をアップしたばかりで、また最小の切手の話題で恐縮です。

 世界最小の切手は、これまでご紹介したとおり、1856年に北ドイツ地方に存在していたメクレンブルク・シュバリーン大公国が発行したものですが、通常の目打入りの切手としては、1952年にコロンビアが発行した切手が最小(18.5mmx13.5mm)とされています。

 ところが、ある外国の切手商のサイトで、これより小さな切手を見つけてビックリ。10mmx15mmという小ささです。
 実はこの切手、政府ではなく、SelectPostという民間郵便会社が1995年に発行したものとのことです。公式の切手ではないのですが、面白いアイテムだと思います。

 画像では、比較のために、日本の切手、コロンビアの切手、と並べています。

|

« 世界最小の切手(完結編) | トップページ | 北方領土のローカル切手??? »

・変わったサイズの切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界最小の切手(完結編) | トップページ | 北方領土のローカル切手??? »