« 世界最小の切手(番外編) | トップページ | ドイツ・民間郵便会社の変わり種切手 »

2012年1月12日 (木)

北方領土のローカル切手???

Hoppou1

 11月のJAPEX会場で少し話題になった、北方領土の切手(注:正式の切手ではありません)を入手しましたので、ご紹介します。

 上の画像は、「日本の物理学者」と題して、湯川秀樹ご夫妻と、H2ロケット等が描かれています。また、下の画像は、キティちゃんのキャラクターと、タブには北方領土の地図が描かれています。

 どれも印面には、「北方領土」「NORTHERN TERRITORIES LOCAL POST」と書かれていますが、正式な切手でも、ローカル郵便切手でもありません。切手風のシールの一種だと考えてください。(こういった品物を「シンデレラ」と総称することがあります)

 これらは、ネットでロシアの切手商から購入したものですが、他にもかなりの種類の図案がありました。日本と全く関係ない図案のものも多く、かろうじて日本に関係ありそうなものを購入した次第です。
 しかし、「北方領土」という言葉自体は日本側の用語で、ロシアではこのような呼称は使わずに、「クリル諸島南部」と言っていたと思います。金儲けのためとはいえ、ロシアの業者が日本の主張を一部認めるようなものを販売しているのも不思議な話です。

Hoppou2


|

« 世界最小の切手(番外編) | トップページ | ドイツ・民間郵便会社の変わり種切手 »

切手全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界最小の切手(番外編) | トップページ | ドイツ・民間郵便会社の変わり種切手 »