« 宝くじ引換券付き切手 | トップページ | チェコのホログラム入り切手帳の第2版 »

2011年11月18日 (金)

マニアックなホログラム切手

Holo1_2

 画像(上)は、2010年にコスタリカから発行された、いわゆるフラマ(料額印字切手)です。左側が、魚の群れ、右側がウミガメの図案ですが、図案部分には、透明ホログラムが被せてあり、角度を変えると虹色の光沢が現れます。

 1年ほど前に、インターネットで知り合ったインド人のホログラム切手専門収集家の方に存在を教えていただいたものです。その収集家のリストによると、1995年にパプア・ニューギニアからホログラム入りのメータスタンプが発行されているようですが、有効期限のない料額印字切手にホログラムが使われた例は、これが世界初のようです。

 私は原則としてフラマは収集対象にしていないのですが、入手の機会があったので1セットずつ購入しました。また、先日開かれたJAPEXの会場のブースで、この切手の実逓カバー(画像下)をたまたま見つけて購入しました。おそらく現地では大量に使われているでしょうから、根気よく探せば、まだカバーが見つかるかも知れません。

Holo2

|

« 宝くじ引換券付き切手 | トップページ | チェコのホログラム入り切手帳の第2版 »

・特殊な印刷の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝くじ引換券付き切手 | トップページ | チェコのホログラム入り切手帳の第2版 »