« ハンガリーのガラス玉付き切手 | トップページ | 木の形の小型シート&切手帳 »

2011年11月 1日 (火)

オランダの新・銀製切手

Silver1 
 2001年に世界に先駆けて純銀製(銀板)の切手を発行したオランダから、新しい純銀製切手が発行されました。
 最近では、フランスが純銀製切手を積極的に出すなど、あまり珍しくなくなってきましたが、今回の純銀製切手については、次のような特徴があります。

(1)シリーズものである
 今回の切手は、偉人を描いた純銀製切手のシリーズの第1弾で、今後第2段、第3段が予定されています。
(補足)
 *この切手のシリーズは、正規のシリーズ切手ではなく、P-STAMPの一種としての扱いになるそうです。

(2)専用フォルダが大きすぎる
 通常、純銀製の切手は、汚れないように専用のフォルダに入っているのですが、今回の切手のフォルダは、なんとA4版のサイズで偉人にまつわる説明が印刷されています(オランダ語で書かれているので内容はよく判りません)。左側には穴が空けられており、そのままバインダーに綴じて保存できるようになっています。(下の画像を参照)

(3)オリジナル図案のP-STAMPも作成可能
 この切手と同時に、純銀製のP-STAMP(オリジナルの図案の切手をオーダーできるタイプの切手)の取扱も開始されました。詳しくはこちらをご覧下さい。
 私も1枚オーダーしてみようとしましたが、残念ながらクレジットカードでの支払いが出来ないため断念しました。ヨーロッパ以外からのオーダーは難しそうです。

Silver2

|

« ハンガリーのガラス玉付き切手 | トップページ | 木の形の小型シート&切手帳 »

・特殊な材質の切手」カテゴリの記事

コメント

本券も扱いとしてはPスタンプらしいです。いわゆるフレームタイプです。しょっぱなだけ買って後はやめようかと思案中です。

投稿: すぎやま | 2011年11月23日 (水) 03時31分

すぎやま様
 情報ありがとうございます。Pスタンプなら、優先順位はやはり落ちますね。最近は変わり種の新切手の種類が多くて大変なので、私も第2回以降は買い控えるかもしれません。

投稿: 荒牧 | 2011年11月23日 (水) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンガリーのガラス玉付き切手 | トップページ | 木の形の小型シート&切手帳 »