« レース付切手 | トップページ | 切手市場に出店します(11月5日) »

2011年10月26日 (水)

ニュージーランド初の3D切手

Nz3d

 ニュージーランドで開催されていたラグビーのワールドカップの記念切手が届きました。
 開催国のニュージランドが気合いを入れて発行した、レンティキュラー(立体)印刷の切手で、優勝カップを描いた額面$15の高額切手が、立派な専用ケースに入れられています。

 注目すべきは、ケースの上部に"NEW ZEALAND'S FIRST 3D STAMP"と書かれている点です。多くの収集家がご存じのとおり、ニュージランドでは、2004年に既にレンティキュラー印刷切手を発行しています。
 それなのになぜ?という感じですが、2004年の切手は立体(3D)ではなく、図案が変化するアクションリプレイ切手と名付けていましたので、本当の意味での立体切手は今回が初めてだということでしょう。基本的な技術は同じはずですので、紛らわしい表現です。

 ところで、このワールドカップでは、ご存じのとおりニュージーランドが24年ぶりの優勝を果たしましたので、優勝記念の切手も出るかもしれません。もし、優勝記念でまた変わり種切手が出るようであれば、ご報告する予定です。

|

« レース付切手 | トップページ | 切手市場に出店します(11月5日) »

・特殊な印刷の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レース付切手 | トップページ | 切手市場に出店します(11月5日) »