« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

ハンガリーのガラス玉付き切手

Crystalhun1

 ハンガリーが4月に発行した新憲法記念小型シートは、「郵趣」10月号P54でも照会されていますが、このシートにスペシャルバージョンがあることが判りました。

 画像上の小型シートですが、左上のシリアル番号が赤色になっている他、9個3色のクリスタル・ビーズが添付されています。特に下段中央の紫色のビーズはかなりの大きさで、横から見ると盛り上がりがよく判ります(画像下参照)。

 発行枚数は20,000枚と、そこそこ多く、ebayで入手できます。ただ、値段は結構高いです。

Crystalhun2




| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

切手市場に出店します(11月5日)

 こんにちは。11月5日(土)に、池袋にて開催される切手市場に出店することになりました。
 同じ池袋といっても、JAPEX会場とは反対側で少し不便ですが、変わり種切手の重品等を即売しますので、ご興味のある方はaramaki.comのテーブルにお立ち寄り下さい。
 詳しくは、切手市場のHPをご覧下さい。
  

 なお、当日の店開き時間は、10:15~14:00の予定です。夕方にJAPEXで開かれるファンタスティック・スタンプクラブの例会に参加する関係で、早めの店じまいになりますので、ご了承願います。

| | コメント (0)

ニュージーランド初の3D切手

Nz3d

 ニュージーランドで開催されていたラグビーのワールドカップの記念切手が届きました。
 開催国のニュージランドが気合いを入れて発行した、レンティキュラー(立体)印刷の切手で、優勝カップを描いた額面$15の高額切手が、立派な専用ケースに入れられています。

 注目すべきは、ケースの上部に"NEW ZEALAND'S FIRST 3D STAMP"と書かれている点です。多くの収集家がご存じのとおり、ニュージランドでは、2004年に既にレンティキュラー印刷切手を発行しています。
 それなのになぜ?という感じですが、2004年の切手は立体(3D)ではなく、図案が変化するアクションリプレイ切手と名付けていましたので、本当の意味での立体切手は今回が初めてだということでしょう。基本的な技術は同じはずですので、紛らわしい表現です。

 ところで、このワールドカップでは、ご存じのとおりニュージーランドが24年ぶりの優勝を果たしましたので、優勝記念の切手も出るかもしれません。もし、優勝記念でまた変わり種切手が出るようであれば、ご報告する予定です。

| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

レース付切手

Lacefra30

 フランスから、レース(編み)付きの切手が発行されました。
 全部で4種類が発行されましたが、画像上はその内の1枚です。額面は1枚EUR2.5ですので、4種でちょうどEUR10と、少し高めです。

 レース部分の拡大(画像下)を見てみると、別の台紙に貼り付けられたレース編みを切り抜いて、切手シートの紙に貼り付けていることがわかります。

Lacefra31



| | コメント (2)

2011年10月19日 (水)

オーストラリアの3D切手

Aus3d1

 今年も後半に入りましたが、ここへ来て変わり種切手の発行ラッシュが続いています。私の手元に届いたものから紹介していきたいと思います。

 画像(上)の切手は、決して印刷ミスでもスキャンミスでもありません。青と赤の2色をずらして印刷して、専用の眼鏡(画像下)をかけると立体的に見える、アナグリフ印刷(3D印刷)切手です。
 10月4日に発行されたばかりの"Mythical Creatures(伝説の生物)"と題されたセットの小型シートですが、通常印刷の他に、この3D印刷のシートが、スペシャルパックとして発売されました。

 アナグリフ印刷の切手はこれまでにも数カ国から発行されていましたが、今回はシート全体が立体的に見えるという本格版です。国名や額面まで色をずらして印刷しているので、60cの額面が600cに見えるという徹底ぶりです。付属の専用眼鏡をかけて見ると、かなりの迫力です。

Aus3d2

| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

元祖・半円形切手

Half1stetzc2

 「半円形切手」というと、1997年にシンガポールで発行されたほか、日本でもいくつか発行されていますが、今回、その元祖とも呼べる切手の実逓カバーを入手しましたので、ご紹介します。

 画像のカバーがそれで、1948年にドイツのEtzdorfという地方で発行されたローカル切手で、円形の封緘シールをハサミで半分に切ったような感じです。
 ミッヘルカタログには掲載されており、全部で4種の額面が発行されたそうです。

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

モザンビークの八角形切手

Mozambique

 モザンビークから最近発行された、ウィリアム王子ご成婚記念の小型シートが届きました。ごらんの通り、八角形切手です。

 八角形にすることの必然性は特にないようですが、デザイン的に違和感なくシートに収まっています。
 個人的には、斜辺の目打ちだけ荒くなっている点が不思議に思いました。

P.S.
 12月にタイが「正七角形」切手を発行するという情報が入ってきました。入手でき次第ご紹介します。

(10月21日追記)
 その後ネットで調べたところ、モザンビークが発行した八角形切手はこの1枚だけではないようです。色々なテーマの八角形切手シートが20種類ぐらい濫発されています。しかも、無目打シートまで…。困ったものです。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »