« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

限定発行のだ円型切手

Ovalo1

 今年2月、オーランド(フィンランドの属領)とロシアは、共同図案で「だ円切手」入りの小型シートを発売しましたが、オーランド分については、限定版も発行されました。

 画像の小型シートがそれで、通常版と比べて、1)用紙が厚い、2)枠線部分に24金箔が使われている、3)右下にシリアルナンバーが入っている、等の違いがあります。

 限定版の発行枚数は4,000枚と決して少なくはないのですが、なかなか入手できず、先日やっと(なぜか)インドの切手商から購入できました。

| | コメント (0)

2011年6月29日 (水)

オランダの六角形切手

Netherlands  この1か月、なんだかんだで忙しく、久しぶりに記事をアップします。「郵趣」7月号に書いた「変わり種切手の変遷」の記事を見てアクセスして下さった方もいらっしゃると思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 「郵趣」の記事にも書きましたが、目打入りの変形切手は、1866年にベルギーが発行した電信切手(郵便ではなく電報料金納付用の切手)が最初です。そして少し後の1877にはオランダからも六角形の電信切手が発行されています。

 画像の切手がそれで、他に11種類の額面違い(合計12種)があります。地模様と刷色は同じで、中央の額面部分の文字が変わっているだけなので、その点はあまり面白くはありません。カタログ評価は結構高く、特に25c切手を筆頭に、1G、2G切手が高いので、なかなか12種そろえることができませんでした。今回、オランダのオークションで割安で買うことができ、12種全部揃えることができました。

 ただし、ベルギーの電信切手は一部が郵便にも使われましたが、このオランダの電信切手は、郵便には使えなかったようです。したがって、厳密には郵便切手ではなく、収集対象から外しているコレクターの方も多いかと思います。ミッヘルカタログにはこのオランダの電信切手も収録されています。

 

| | コメント (3)

2011年6月 1日 (水)

切手市場に出店します(6月4日)

こんにちは。6月4日(土)、台東区民会館にて開催される切手市場に出店することになりました。

変わり種切手の重品を即売しますので、ご興味のある方はaramaki.comのテーブルにお立ち寄り下さい。

詳しくは、切手市場ホームページをご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »