« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

ブラジルの「織物」切手

Texilebra

 2010年も残りわずか、今年も多くの変わり種切手が発行されました。今年最後にご紹介するのは、先日ブラジルから届いた「織物」切手です。
 一見、刺繍切手と間違えそうですが、刺繍切手は布の上に図案が刺繍されているのに対し、織物切手は、布を織る段階で図案が織り込まれている点が異なります。

 織物切手は、2007年にハイチから発行されています。しかし、このハイチの切手は、切手発行エージェントが勝手に製造・販売したもので、正式に切手として承認されていないともいわれています。
 したがって、正真正銘、切手として使えるものとしては、今回のブラジルの切手が世界初と言えます。

 なお、実逓送カバーを作りたかったので、ブラジルの切手商にわざわざ頼んで、私宛の郵便物に貼付してもらいましたが、残念ながら消印は不鮮明でした。

| | コメント (1)

2010年12月25日 (土)

絹布・刺繍付き切手のバラエティ

Silktha1 8月にご紹介した、タイの絹布、刺繍付き切手のさらなるバラエティを入手しました。

 まず、最初の画像は、絹布付き切手4種を収めた無目打切手シートです。厚手の紙に印刷されており、プルーフとして作成されたものです。
 発行枚数は、2,000枚です。

 次は、"36th TGMA"のマークが加刷されたシートのセットです(TGMAとは、Thai Garment Manufacturers Association の略)。
 一見、一般のシートにマークを加刷しただけのようですが、刺繍付き切手のシートの方は、コントロール番号が4桁と、一般のシートとは異なります(画像2番目)。また、絹布付き切手の4面シートも、上部を見ると、一般のシートには印刷されているバンコク切手展のマークがありません(画像3番目)。単なる加刷ではなく、別途特別に印刷されたものであることが判ります。
 こちらの方は、わずか1,000セットの発行だそうです。ebayを見ると、かなり高い値段で売られていますので、本当のマニア向けですね。
Silktha2_2
Silktha3

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »