« 火山灰が混入された切手 | トップページ | タイの絹布、刺繍付き切手 »

2010年8月 9日 (月)

モロッコの種付き切手

Seedmor1 最近、異物添付・混入切手のご紹介が続いていますが、また、新着の切手をご紹介します。

 画像の10面シートは、モロッコから発行された、アルファルファの種付き切手です。
 種付き切手は、オランダ、ベルギーに続いて3例目となります。シートの右下に"15.02.2010"とあるので、発行日が2月15日と間違えそうですが、調べたところ、実際の発行日は4月22日だということで、ベルギー(3月15日)の後の発行ということになります。
 種の部分の拡大画像も下に付けておきます。オランダやベルギーのものよりも比較的大きい粒の種が付いています。

 実は、この切手の詳細を調べていて知ったのですが、この切手にはもう一つ大きな特徴があります。
 それは、100%リサイクル、しかも薬剤処理による汚染が無い用紙を使っているという点です。
 同様のリサイクル紙を使った切手としては、フィンランドが5月に発行した「グリーン切手」が有名ですが、こちらの方が少しだけ早い発行になります。このモロッコの切手もフィンランドと同じThai British社の印刷ですので、おそらく同じ用紙を使っているのでしょう。

 なお、モロッコからは同じ4月22日に"Day of the Earth"と題した切手も発売されており、こちらも、同じリサイクル紙を使っています。…というよりも、リサイクル紙に関しては、"Day of the Earth"切手の方がメインなのでしょうね。

Seedmor2

|

« 火山灰が混入された切手 | トップページ | タイの絹布、刺繍付き切手 »

・異物が添付・混入された切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火山灰が混入された切手 | トップページ | タイの絹布、刺繍付き切手 »