« 6月5日(土)切手市場に出店します | トップページ | 元祖・紙製円形切手-2年がかりの新発見 »

2010年6月11日 (金)

サッカーボール切手のバラエティ

Austriaball2 ワールドカップの開幕を控え、スポーツニュースはサッカーの話題で盛り上がっていますので、こちらもサッカー関係の変わり種切手の話題をお届けします。

 画像は、2008年にオーストリアが発行して話題になった、ポリウレタン製の切手の表と裏です。
 通常は、裏面の剥離紙は白色ですが、この切手は、黄色で、しかも切手よりも一回り小さくなっています。
 これを購入したオーストリアの切手商の話では、ごく少量だけ追加印刷されたものだということです。

 この切手のセルフ糊は、両面テープのようなものが貼り付けられているだけで、ずれたり剥がれ易いことは、以前にもご報告しましたが、このバラエティ(とりあえずTYPEBと呼びます)の方は、通常のものよりも安定しているようです。

 また、同じ切手商から、この切手の10枚ブロックも購入しました。「世界の変わった切手たち」のコーナーに展示しましたので、ご興味のある方はご覧下さい。

|

« 6月5日(土)切手市場に出店します | トップページ | 元祖・紙製円形切手-2年がかりの新発見 »

・特殊な材質の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月5日(土)切手市場に出店します | トップページ | 元祖・紙製円形切手-2年がかりの新発見 »