« 3-D(アナグリフ)印刷切手の話題いろいろ | トップページ | 北朝鮮のトラ切手(レンティキュラー) »

2010年1月10日 (日)

小さな切手帳

Bookletrsa1 以前、椙山さんのブログで、最小の切手帳の話題が出ていましたが、ついにその最小記録を更新する切手帳を見つけました。

 上の画像の切手帳がそれで、南アフリカが1930年代に発行したものです。縦2.4cm×横4.8cmの小ささです。

 中を開くと、額面1dの連刷切手(スコットNo.48d)が2セット(計4枚)と、額面1/2dの連刷切手(46d)が2セット収められています。(画像下)
 当時の南アフリカでは、「South Africa」と「Suid Africa」の2種類の国名表示の切手を連刷で発行していました。

Bookletrsa2_2

Bookletrsa3

|

« 3-D(アナグリフ)印刷切手の話題いろいろ | トップページ | 北朝鮮のトラ切手(レンティキュラー) »

・変わったサイズの切手」カテゴリの記事

コメント

荒牧さん

 いやはや、よくぞ見つけられましたね!。この極端に小さなサイズは何か理由がありそうですね。タバコ入れとか薬莢箱に挟んでおくためとか。

投稿: すぎやま | 2010年1月17日 (日) 15時54分

別の南アフリカの切手を検索中に偶然見つけたものです。
普通切手2枚分ギリギリの大きさですので、これを下回るには、普通切手1枚分の大きさの切手帳しかないということになりそうです。

投稿: 荒牧 | 2010年1月17日 (日) 19時44分

よく研究調査してますね。素晴らしい。

投稿: 山北雅仁 | 2010年2月 7日 (日) 10時08分

コメントありがとうございます。
今回は偶然見つけたもので、積極的に研究調査したわけではありませんが、変形・変わり種切手の分野では、年に数回は大発見があります。
発見だけしても、現物が手に入るまで公表はしていないので、未公表の情報もいくつかあります。

投稿: 荒牧 | 2010年2月 7日 (日) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3-D(アナグリフ)印刷切手の話題いろいろ | トップページ | 北朝鮮のトラ切手(レンティキュラー) »