« ワールドカップ2002・カメルーンの切手 | トップページ | 3-D(アナグリフ)印刷切手の話題いろいろ »

2010年1月 4日 (月)

ワールドカップ1982年・新発見の三角切手

Yemenworldcup もう一点、最近入手したワールドカップ関連の切手をご紹介します。

 画像の小型シートは、イエメン・アラブ共和国(北イエメン)が1982年に発行した、ワールドカップスペイン大会の記念切手です。ご覧の通り、無目打(目打状の印刷有り)ながら、三角切手が1枚収められています。

 実は、この小型シートについては、これまで存在すら知りませんでした。
 北イエメンの切手は、スコットカタログの収録が不完全で、1982年については丸々抜けています。そのため気が付くのが遅くなった次第です。三角切手については、一部の無目打や加刷切手を除いてほぼ集めたと思っていたのですが、ひょんなことから新発見があるのは、驚くと同時に嬉しいものです。

 なお、販売業者の説明書きには、ミッヘルカタログの番号(Block228)が付いていましたので、ミッヘルカタログには収録されているようです。ただし、この小型シートの図版が掲載されているかどうかは不明です。

|

« ワールドカップ2002・カメルーンの切手 | トップページ | 3-D(アナグリフ)印刷切手の話題いろいろ »

・変わった形の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールドカップ2002・カメルーンの切手 | トップページ | 3-D(アナグリフ)印刷切手の話題いろいろ »