« 北朝鮮の立体印刷切手 | トップページ | 異国同居型切手のリスト »

2009年8月20日 (木)

示温インク切手のリスト

Thermo 私のホームページの「世界の変わった切手たち」の中の、温度で色が変わる切手(示温インク切手)のコーナーをリニューアルしました。

 パッと見てお気づきのことと思いますが、英語の説明を併記しました。最近、海外の収集家とのお付き合いが増えてきましたので、今後は少しずつバイリンガルにしていきたいと思っています。
 また、これに合わせて、示温切手リストも作成しました。上記のページからダウンロードできます。こちらも英語を併記しています。

 なお、画像の切手は、マーシャル諸島が2003年に発行した、示温切手らしき切手です。スコットカタログには色が変わる旨の記述があります。しかし、実際に購入して色々試しましたが、私の切手では変化は確認出来ませんでした。
 このように示温インクは、たまに上手く変化しないことがあるようです。今回作成のリストには掲載していますが、ご購入される際はご注意下さい。(結構高い切手です)

|

« 北朝鮮の立体印刷切手 | トップページ | 異国同居型切手のリスト »

・特殊な印刷の切手」カテゴリの記事

コメント

 荒牧さんこんばんは

 示温切手リストをさっそく拝見しました。マーシャル諸島切手を除き、自分のデータベースとぴったり一致しました。リスト以外では、去る7月28日にオーストラリアが発行した「Micro Monsters」の小型シートにも示温インクを使っているということですよ。どういうものか確認するためにただいま実物を取り寄せ中です。
 マーシャル諸島の件はスコットの編集部に連絡されてみては?。単なる記述ミスのような気がしないでもありません。あるいは「Change color」って「刷色を変えて再版しました」という別の意味だったりして???。

投稿: すぎやま | 2009年8月21日 (金) 00時05分

 いつもコメントありがとうございます。また、示温切手リストの確認もしていただき、ありがとうございました。
 マーシャル諸島の切手(sc819)の件は、スコットに"printed in a thermographic ink that changes color when warmed" と書かれています。これだけハッキリ書いてあるとリストに載せざるを得ません。ただし、1枚数千円する高額切手ですので、購入の決断は難しいところですね。

投稿: 荒牧 | 2009年8月21日 (金) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北朝鮮の立体印刷切手 | トップページ | 異国同居型切手のリスト »