« 初期の「盛り上げ印刷」切手 | トップページ | 小さな小型シートの記録更新 »

2009年3月26日 (木)

元祖・だ円形切手

1stovalfin 画像は、先日アメリカのオークションで落札したローカル郵便切手です。
 FINLANDの"Wanajavesi Steamship"社が当時運営していた、蒸気船郵便で使われていた切手で、ご覧の通り、見事にだ円形に型抜きされています。発行年は1868年、日本では明治維新の年です。

 これまで私が把握していた最も古いだ円形切手は、以前に変形切手の宝庫として紹介したロシアのローカル切手(zemstvo)で、Lugaという地域で1869年に発行されたものです。今回の「発見」で、その記録を1年遡りました。世界最古の可能性も高いです。

 ちなみに、この切手は、他に額面10PENNI切手を加えた3種セットとのことです。残念ながら、入手したセットの10PENNIN切手はリプリント(模造品)だったので、真正品の2種の画像だけを紹介します。

|

« 初期の「盛り上げ印刷」切手 | トップページ | 小さな小型シートの記録更新 »

・変わった形の切手」カテゴリの記事

*19世紀の変形切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初期の「盛り上げ印刷」切手 | トップページ | 小さな小型シートの記録更新 »