« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

UAEのレンティキュラー印刷切手

Uae3d こんにちは。昨年にUAEから発行された、新しいレンティキュラー印刷切手を入手しましたので、ご紹介します。

 "Center for Documentation & Research"と書かれた記念切手で、3種セットの内、画像の1種だけがレンティキュラー印刷切手となっています。

 画像では判りませんが、少しずつ角度を変えてみると図案が変わって、、5人の人物の顔が次々に見えるというものです。
 いたって地味な図案ではありますが、変わり種切手コレクターとしてははずせないアイテムです。
 UAEは過去に新切手が入荷しなかったり、入荷が数年も遅れたことがあったので、とりあえず先に海外の切手商から通信販売で購入しました。

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

ルクセンブルグの2001年クリスマス切手

Lux1 今年初めての書き込みになります。本年もよろしくお願い致します。

 正月明けに、1週間ほどヨーロッパ旅行に行ってきました。美術館・博物館巡りが主目的でしたが、現地からはいくつか実逓カバーを作ったりもしました。
 切手商には、ロンドンとパリで2件ずつ立ち寄ったのですが、あまり収穫はありませんでした。唯一嬉しかったのは、画像の切手を入手できたことです。ルクセンブルグ発行の2001年クリスマス切手です。

 ちょっと見ると「ただの正方形切手」ですが、切手の左上部分をご覧下さい。星形の穴が空いているのです(画像下参照)。最近では毎月のようにどこかの国が穴空き切手を発行していますが、この当時はまだ発行例も少なく、初期の発行例だと言えるでしょう。

Lux2 数年前に、東京目白の「切手の博物館」での展示でこの切手の存在を知って以来、色々と探しましたが、なかなか入手できなかったものです。ebayでも、ルクセンブルグの最近の切手はあまり出品されていないので、密かにヨーロッパ旅行中に探そうと心に決めていました。
 期待していたロンドンのギボンス社では、この切手だけが在庫切れでガッカリしましたが、その直後に偶然見つけた斜め向かいの切手商で尋ねたところ、この切手が5枚ほどストックされており、1ポンドで購入してきました。あるところにはあるのですね。 

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »