« アメリカの再生紙切手(1) | トップページ | 北京変わり種切手五輪(16)「巻物」切手(その1) »

2008年12月27日 (土)

アメリカの再生紙切手(2)

Recycleflower もう一点、アメリカの再生紙切手を紹介します。

 画像上は、1999年にアメリカが発行した、セルフ糊切手帳ペーン(販売用パッケージに入ったままの状態)です。このペーンは、剥離紙(はくりし)の両面に切手を付けて紙を節約した、"Double-Sided"ペーンとして有名ですのでご存じの方も多いかと思います。

 このペーンについても、再生紙が使用されているようです。
 私が、切手の博物館の図書室で資料を調べたところ、JPS(日本郵趣協会)のアメリカ切手部会の会報"THE U.S. PHILATELY Vol.10,No.2"の9ページに、「アメリカ切手では初めて 再生紙を使用」という解説が載っています。
 アメリカ切手で初めてという点には疑問が残りますが、両面仕様で剥離紙を節約しただけでなく、再生紙も使った、エコロジーな切手といえます。

 なお、画像の郵便局での販売用パッケージは、しっかりしたボール紙の上にペーンを載せ、透明フィルムでパッキングされたものです。さらに、"NEW FORMAT""DOUBLE-SIDED"等のPR文が印刷された黄色いシールも貼ってあり、このパッケージはかなりの資源の無駄遣いだという気もしないではありません。

 

|

« アメリカの再生紙切手(1) | トップページ | 北京変わり種切手五輪(16)「巻物」切手(その1) »

・特殊な材質の切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカの再生紙切手(1) | トップページ | 北京変わり種切手五輪(16)「巻物」切手(その1) »