« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月23日 (金)

ドーピング騒動の余波

Athens オリンピックつながりで、もう1点話題となった切手を…。

 2000年のシドニー五輪の際、オーストラリア郵政は、デジタル製版技術を活用して、自国選手が金メダルを獲得した翌日に「金メダリスト切手」を発行するという快挙を成し遂げました。このことは、世界中で報道されましたから、ご存じの収集家も多いと思います。

 4年後のアテネオリンピックでは、ギリシャ郵政でも同様の技術を導入し、自国選手のメダリスト(金・銀・銅)切手の翌日発行を計画しました。
 そして8月16日、重量挙げのLeonidas Sampanis選手が待望の銅メダルを獲得し、翌17日に早速同選手を描いたデジタル製版切手が発行されました(local digital版)。このデジタル製版切手は18日にも増刷され(national digital版)、さらに20日にはオフセット印刷版で増刷されました。

 ところが、22日になって、Leonidas Sampanis選手のドーピングが発覚し、失格になってしまったから大変です。ギリシャ郵政はすぐにこの切手の発売を中止し、それまでの数日間に販売済みのものだけが市場に残されることになりました。
 発売停止時点で印刷された枚数はデジタル版・オフセット版合わせて136,000枚(13,600シート)だそうですが、その内何枚が販売済みであったのかはハッキリしません。何しろ重量挙げはどちらかといえば地味な競技ですし、金ではなく銅メダリストだったので、発売と同時に飛ぶように売れた訳ではないようです。(あるWebサイトでは30,000枚(3,000シート)程度ではないかと推定していました。)

 というわけで、このドーピング選手の切手は一躍「稀少切手」となり、価格もグンとアップしました。最新のHELLASカタログでは、デジタル版1シート(10枚)で600ユーロ、オフセット版1シートは120ユーロの評価が付いています。
 話題の切手なので、私もebayで入手しましたが、さすがにシート買いする余裕はありません。デジタル版(画像)とオフセット版を1枚ずつ、バラで購入しました。なお、8月17日付のFDCはそれなりの数が作成されているようですので、次はFDCの実逓便の入手を狙っています。

| | コメント (2)

2008年5月18日 (日)

菱形切手の濫発

Diamondh 以前、北京五輪関係の変わり種切手として、ハイチ発行のレンティキュラー印刷切手織物切手を紹介しました。ところで、このハイチからは、次のロンドンオリンピックの切手も既に発行されていることをご存じでしょうか?画像(上)の菱形切手の小型シートがそれで、2005年に発行されました。
 実は、ハイチからは2005年-2006年にかけて、大量の菱形切手が発行されています。発行テーマも、ボーイスカウト、チェスの大会、ミュッシャの絵、ローマ法王、アインシュタイン、フェラーリ、宇宙開発等、かなり無節操で、ご紹介したロンドン五輪はその内の一つです。
 困ったことに、これらの切手は郵趣サービス社等の日本の切手商が取り扱っていないものが多く、情報の入手が難しいのです。いったい全部でどれだけ発行されのでしょうか…一応Aスタンプさんや、海外の切手商を通じて現時点で29種類入手しましたが、マダあるような気がします。

Diamondm また、この時期に菱形切手を大量に発行していたのはハイチだけではありません。マリからも、2006年にディズニー図案の菱形切手シートが、10種類発行されています。無目打も発行されているので(画像下)、合計20種類にもなります。切手シートのデザインの感じがハイチと似ているので、おそらく同一のエージェントが企画したものでしょう。

  こういった発行について、よく「収集家目当ての切手濫発」という表現が使われます。でもこれは、正確な表現ではないと思います。何しろ肝心の収集 家が知らないうちに発行されて、いつの間にか売り切れるのですから…。
 小国の変わり種切手の場合は、発行枚数が2,000枚程度のことも多いので、入手に は苦労します。

| | コメント (0)

2008年5月 8日 (木)

モールス信号切手

Sos  日付が変わったので昨日の話ですが、久しぶりにフジスタンプ(大阪)に行って、新切手を購入してきました。

 それにしても今年も変わり種切手ラッシュですね。特にオーストリアの「UEFA EURO 2008」記念切手は、円形のポリウレタン製切手に続いて、ガラス玉付切手、レンティキュラー印刷切手と発行が続き、怒濤の変わり種切手ラッシュとなっています。

 保守的なイギリスからも、最近は面白い切手が発行されていますが、今回新たに発行されたのが画像の「海難救助」切手です。
 切手自体は普通なのですが、目打(切手の周囲の切り取り穴)をよく見て下さい。通常のものと違い、・・・---・・・---と丸い穴と細長い穴が3個ずつ繰り返されています。このパターンをモールス信号に直すと、SOSO…となります。救助信号のSOSにちなんだ、アイデア満点の切手ですね。

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »