« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月17日 (木)

立体印刷切手のおかしな図案

3dss1 こんにちは、椙山さんのブログの記事を見て、私も手持ちの立体切手図案を改めて確認してみました。
 さすがに椙山さんの選んだ、チープ感暫定1位切手に勝てそうなモノはありませんでしたが、小型シートの図案におかしなモノを見つけましたので、ご紹介します。

 まず、1番目の画像は、イエメン王国が70年に発行した動物図案の立体印刷切手の小型シートですが、シート地の右側に、カンガルーが描かれています。ライオン、サイ、シマウマ、ダチョウとアフリカの動物の中に、オーストラリアのカンガルーが混じっているのは、ちょっとね…という感じです。

3dss2 2番目の画像は、ウマルカイワンが72年に発行した、「世界ジャンボリー大会(71年8月開催)」記念の立体印刷切手の小型シートです。

 日本で開催された大会を記念した切手なので、富士山や五重塔など、ジャポニカ図案満載の切手です。ところが、シート地の左側に描かれた歌舞伎役者らしき白い像は…札幌雪祭りの雪像ではないでしょうか。いくら日本的な図案といっても、8月の大会に冬の風物詩を載せるのは、砂漠の国らしき間違いですね。

 …と言いたいところですが、真相はもう少し複雑です。

 下の画像をご覧下さい。これは、ほぼ同時期に発行された、「札幌オリンピック」記念の立体印刷切手の小型シートです。
 もうお判りですね。上の図案は、この小型シートの図案を流用したものなのです。札幌オリンピック記念であれば、雪祭りの雪像が描かれていても不思議ではありません。
 しかも、右側の富士山らしき山の感じも似ています(よく見ると細部が異なります)。また、元の図案の方では雪像の右手が隠れているのに、流用先の図案ではきちんと右手全部が見えているというのも、面白いです。
3dss3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

ブータンのCD-ROM付切手

Cd2bhuc 2月21日にブータンから発行された、話題のCD-ROM切手が現地から届きました。
 国内の切手商には、3月中旬に入荷していたので、既に入手された収集家の方も多いと思いますが、ちょっと期待はずれでしたね。何しろ、肝心のCD-ROM自体は切手ではなく、CD-ROMの袋の部分が切手であり、その袋の中にCD-ROMが密封されている形なのですから…。
 したがって、この切手についてはCD-ROM「付」切手、あるいはCD-ROMジャケット切手と呼ぶのが正確だと思います。

画像は、現地の人に頼んで実際に郵便に使ってもらった「実逓カバー」なのですが、さすがに切手として使うには違和感がありますね。また書留の国内便でお願いしたのですが、書留ラベル等を使わずに手書きで引受番号を書いており、着印等もないので、実逓の証拠に乏しいのがちょっと残念です。でも、一般に入手できる記念印付きのFDCとは違い、通常の消印(日付は3月10日)が押されており、しかも郵便局名が首都の"THIMPU"ではなく、”PARO"(空港のある都市)であるのは、貴重だと思っています。

 それにしても、宛先には、氏名、会社名、都市名だけしか書かれていません。ブータンでは、細かい住所が書いて無くても郵便物が届くのですね。

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »