« やっと到着 | トップページ | コルク切手関連の話題 »

2008年1月28日 (月)

変形切手の宝庫

Oval_2 以前から予告しておりました、世界最初の紙製円形切手を、世界の変わった切手たちのコーナーに掲載しましたので、ご覧下さい。番外編もある超大作です。

 さて、この世界最初の紙製円形切手が発行された、ロシアのローカル切手(zemstvo)は、知る人ぞ知る変形切手の宝庫です。ローカル切手が発行されていたのは1865年から20世紀初頭までですが、その間に様々な切手が発行され、円形切手の他にも、だ円形(画像上)やひし形(画像下)の切手が知られています。
 ただ、問題は入手の難しさです。 ebayや海外の専門オークションから入手していますが、レアなものが多く、コレといったものになると、なかなか競争率が高くて落札できません。画像で紹介した、だ円形切手やひし形切手は比較的入手が簡単なものですが、これでもそこそこの値段がします。世界最初と思われるだ円切手やひし形切手も見つけているのですが、専門カタログには評価額が書いていない非常にレアな切手のようです。入手するのはライフワークになるかもしれません。

 インド・シンド州の円形切手、喜望峰の三角切手、トルコの八角形切手、ベルギーの六角形切手、そしてロシアのローカル切手等々、クラシックな変形切手が結構集まってきました。いつか機会があったら、「19世紀の変形切手」というタイトルで1フレームにまとめた展示作品を作ってみたいですね。

Diamond

|

« やっと到着 | トップページ | コルク切手関連の話題 »

・変わった形の切手」カテゴリの記事

*19世紀の変形切手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと到着 | トップページ | コルク切手関連の話題 »