« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

変形切手の宝庫

Oval_2 以前から予告しておりました、世界最初の紙製円形切手を、世界の変わった切手たちのコーナーに掲載しましたので、ご覧下さい。番外編もある超大作です。

 さて、この世界最初の紙製円形切手が発行された、ロシアのローカル切手(zemstvo)は、知る人ぞ知る変形切手の宝庫です。ローカル切手が発行されていたのは1865年から20世紀初頭までですが、その間に様々な切手が発行され、円形切手の他にも、だ円形(画像上)やひし形(画像下)の切手が知られています。
 ただ、問題は入手の難しさです。 ebayや海外の専門オークションから入手していますが、レアなものが多く、コレといったものになると、なかなか競争率が高くて落札できません。画像で紹介した、だ円形切手やひし形切手は比較的入手が簡単なものですが、これでもそこそこの値段がします。世界最初と思われるだ円切手やひし形切手も見つけているのですが、専門カタログには評価額が書いていない非常にレアな切手のようです。入手するのはライフワークになるかもしれません。

 インド・シンド州の円形切手、喜望峰の三角切手、トルコの八角形切手、ベルギーの六角形切手、そしてロシアのローカル切手等々、クラシックな変形切手が結構集まってきました。いつか機会があったら、「19世紀の変形切手」というタイトルで1フレームにまとめた展示作品を作ってみたいですね。

Diamond

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

やっと到着

Woodsheet こんにちは。11月16日のブログでもお知らせした、イタリアの木製切手の15面フルシートが、届きました。(画像:クリックすると拡大します。)
 昨年の11月に注文し、送金もすぐしたのですが、先方が発送を忘れていたため、昨日やっと届きました。

 このシートのサイズは、縦24cm×横18.4cmと、標準サイズの黒地ストックリーフ(注:切手を整理するバインダー式アルバムのページの一種で、黒地に透明のポケットが付いているもの。ドイツ製)に収まるのが嬉しいです。

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

北京変わり種切手五輪(5)続・円形立体切手

Haiti1 北京変わり種切手五輪(1)でご紹介した、ハイチの立体(レンティキュラー)印刷切手の続編をお届けします。

 まずは、レンティキュラー印刷切手の無目打です(画像上)。今回、北朝鮮からは無目打切手は発行されなかったようですが、ハイチからは、ご覧の無目打小型シートが1550枚だけ発行されたそうです。

 次は、普通の円形切手小型シート2種です(画像下2枚)。レンティキュラー印刷切手は、見る角度によって図案が変わるのが特徴ですが、その2種類の図案をそれぞれ普通の紙に普通に印刷した小型シートです。この発行方法は、ちょっと盲点でした。ただし、似たような図案の小型シートを何枚も買わされる方はうんざりですが…。

Haiti2
Haiti3

 

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

北京変わり種切手五輪(4)五角形切手

5aku1

 正月休みで帰省中に不在配達された切手が、昨日手元に届きましたので、紹介します。
 北京五輪の開催国の中国が昨年に発行した、五角形切手の小型シートです(画像上)。五輪関係の変形切手といえば、「輪」にちなんだ円形切手ばかりが目立っていましたが、「五」の方にちなんだ五角形切手ははじめてです。これで首尾良く、五・輪が揃ったことになります。
 図案も、見てのとおり品が良く、なかなかのセンスです。

 また、この小型シートは、シート地の下部に"Beijing 2008"という文字の形の穴が空いており、穴あき切手の一種でもあります。(画像下参照)
5aku2

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

世界最初の小包切手(番外編)

(注)この記事を書いた後に、この切手が郵便為替証書に貼付された使用例を入手しました。その証書上には「この証書と引換に、金○○を支払ってください。」といった文言がスペイン語で書かれています。
 この記事の、代金引換小包切手という説は、上記の郵便為替証書を見た昔の収集家が、為替手形に関する知識が無かったか、スペイン語を誤訳したかで、代金引換小包の証書と勘違いした可能性が高いです。
 詳しくは、次の記事をご覧下さい。(2009年6月21日)
http://aramaki.way-nifty.com/stamp/2009/06/post-33e1.html

Colombia  今年最初の書き込みは、前回の「世界最初の年賀切手」に続いて、「世界最初の小包切手」の番外編をご紹介します。
 コロンビアが、1865年に発行した三角切手がそれです。(画像では、4枚ブロックのものを展示)

 コロンビアは、世界で3番目に三角切手を発行した国です。この三角切手は、スコットカタログでは、普通切手のコーナーに記載されていますが、脚注を読むと"used as a carrier stamp"と書かれています。
 このcarrier stampというのは、本来は、政府の郵便配達網が末端地域まで整備されていない地域で、郵便局から宛先までの配達を請け負う民間業者が発行する、一種のローカル切手を意味します。しかし、この切手は政府発行の切手ですので、ちょっと性質が違うようです。

 この切手の用途・分類についての手がかりがもう一つあります。それは、2002年にオランダで開かれた国際切手展"Amphilex 2002"において大銀賞を受賞した、Rene Gerritsen氏の"The triangle stamp"という作品での分類にあります。
 実は私は、この出品者を個人的に知っていたので、主なリーフのコピーを送ってもらったのですが、そこでは、この三角切手を"Cash on delivery parcel stamps"として表記して分類していました。これを和訳すれば、「料金着払小包切手」あるいは「代金引換小包切手」といったところでしょうか。ひょっとしたら、スコット以外で、"Cash on delivery parcel stamps"として分類しているカタログがあるのかもしれません。
 また、リーフの説明書きの中では「この切手は、おそらくコロンビアが郵便合意をしていない国-countries(郡-countiesの誤りかも?)宛の郵便物に使われた」「料金未払郵便物に使われたとも言われるが事実はハッキリしない」とも書かれています。

 これらの限られた資料からの推測になりますが、当時のコロンビア政府の郵便配達網がそれほど整備されていたとは思えませんので、郵便は都市の郵便局留め扱いが通常で、それを郡部の自宅に届けてもらうには、別途配送料を払って民間業者に配送を依頼する必要があったのでしょう。
 この場合、この切手が民間業者の配送料の支払用と考えると、つじつまが合わなくなります。この切手は業者ではなく政府が発行したものですし、第一、配送料にしては額面が安すぎます。
 そこで私が考えるには、民間業者から郵便局に対して1件あたりいくらかの手数料(キックバック)を払うことになっており、その手数料支払のために、民間業者が購入・貼付する切手だったのではないのでしょうか。そして郵便局から宛先までの配送料は、配達時に受取人から現金で徴収すれば良いことです。また、民間業者の本業は荷物運送業だったでしょうから、郵便物の種類としては封書もあったかもしれませんが、小包が主だったのでしょう。
 そう考えれば、carrier stampと呼んでも、Cash on delivery parcel stampsと呼んでも、どちらでも一応の説明が付きます。

 ということで、純粋な小包切手かどうかハッキリしないこともあり、スコットカタログでは普通切手の扱いとしたのでしょう。したがって、小包切手の番外編といった感じです。
 なお、コロンビアからは、1869年にもcarrier stampが発行されていますが、これは、世界唯一の「直角不等辺三角形」の切手です。特殊な用途の切手なので、目立つ三角切手にしたのでしょう。

 ちなみに、カタログで小包切手として分類されたものの最初は、椙山さんがコメントしてくださったとおり、コロンビアの切手より14年後に発行された、1879年のベルギーの鉄道郵便小包切手です。これはベルギー国鉄が発行した鉄道便用の切手であり、本来の小包切手とは性質が違います。
 コロンビアとベルギー、どちらも本来の小包切手ではありませんので、カタログに小包切手として分類されるかどうかは紙一重の差に過ぎないと言えるでしょう。

| | コメント (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »