« クリスマスの円形シール切手 | トップページ | 北京変わり種切手五輪(1)円形立体切手 »

2007年11月29日 (木)

クリスマスの円形切手

Roundsth1_3 こんにちは。前回の書き込みで、先日発行された日本のクリスマス切手のことを、円形のクリスマス切手としては世界最初と書いてしまいましたが、正しくは、円形かつ「シール式の」クリスマス切手としては世界最初の誤りでした。
 原文の方は既に訂正しましたが、お詫び致します。

 で、(シール式でない)円形のクリスマス切手は、おそらく2006年8月31日に発行された、英領・セントヘレナのクリスマス切手6種セットが世界最初でしょう。(画像上・下参照)
Roundsth2_2
 これらは、パッと見るとあまりクリスマスらしい図案には見えないかもしれませんが、マザーグースの「クリスマスの12日」を題材にした、お洒落な切手です。6種セットだったので、1日目~6日目までしか描かれておらず、後半はどうなるのか気になるところですが、今年の9月3日に後半(7日目~12日目)の6種セットの切手が発行されたようです。

|

« クリスマスの円形シール切手 | トップページ | 北京変わり種切手五輪(1)円形立体切手 »

・変わった形の切手」カテゴリの記事

コメント

 セントヘレナのクリスマス切手のことを書き込もうかと思っていた矢先に、さすが荒牧さん、すでにお気づきでしたね。
 前記事を拝見して、クリスマス切手・円形切手・シール式の3要素を兼ねる切手は?と、自分の郵趣データベースで検索してみましたら、なるほど、今冬のグリーティング切手が最初でした。この組み合わせは気付きませんでした。
 セントヘレナの件は、同国初の円形切手であり、真夏の8月発行ということで郵趣でも取りあげましたが、確かにこれはクリスマス切手では世界初の円形切手ですね。これもご指摘があるまで気付きませんでした。
 郵趣は「解釈」で見方ががらっと変わりやすい分野なので、こういった「気付き」が大事なんですね。普段はあまり意識していないキーワードの組み合わせでデータベース検索をしてみるのも意味あることなんだと今更のように気付きましたです。

投稿: すぎやま | 2007年11月30日 (金) 00時23分

 どうもお世話になっております。
 実は最近、頭の中が円形切手のことで一杯になっております。つい最近も、某国と某国から立体印刷の円形切手が発行されたとか・・・。また、密かに19世紀発行の世界最初の「紙製」円形切手を集めており、「世界の変わった切手たち」のコーナーで紹介する機会を探っていたりしております。
 そんなこんなで、円形切手のアルバムを見る機会が多かったので、セントヘレナのクリスマス切手に気が付いた訳です。

投稿: 荒牧 | 2007年11月30日 (金) 10時56分

荒牧さんへ、訂正がひとつあります。この記事のサワリの部分を、郵趣誌の連載記事に書いたところ、郵趣サービス社さんからのご指摘で、残念ながら日本よりわずかに早く、アイスランドがシール式のクリスマス切手を切手帳の形で発行していることがわかりました。裏糊式と同時発行でしたので、うっかり見落としていました。
 結論はアイスランドが世界初(11月8日発行)、日本が2番目(11月26日発行)ということになります。

投稿: 椙山哲太郎 | 2007年12月 7日 (金) 22時12分

 こんにちは。追加情報ありがとうございます。アイスランドのクリスマス切手も円形なのですか?
 ちなみに、四角形のシール式クリスマス切手であれば、1974年にアメリカで発行された切手が最初ということでほぼ問題無しですね。

投稿: 荒牧 | 2007年12月 8日 (土) 19時06分

これがアイスランドの円形・シール式・クリスマスです。
  ↓
https://www.postur.is/cgi-bin/hsrun.exe/Distributed/postphil/StateId/RfaA1qpDd_4Wmb

投稿: 椙山哲太郎 | 2007年12月 9日 (日) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスの円形シール切手 | トップページ | 北京変わり種切手五輪(1)円形立体切手 »