フォト
無料ブログはココログ

« 司法試験・中休み | トップページ | 勉強再開 »

2010年5月17日 (月)

とにかく疲れました

 昨日、4日間の司法試験も無事終わりました。

 本当に疲れました。今朝起きると、酷使し続けた腕と肩がジーンとしびれていました。また行きつけの店に行ってマッサージを受けてこなければ…。

 Wセミナーが初日の短答式試験の解答速報を出していたので、早速自己採点をしたところ、確実なのは190点、部分点や疑義問で得点できれば最大229点という結果でした。おそらく220点ぐらいでしょう。試験後の手応えは、民事6割(90点)、公法7割(70点)、刑事5割(60点)の合計210点でしたので、ほぼ予想通りです。

 昨年の短答通過ラインは215点、一昨年は230点でしたので、当落線上です。6月の短答式の発表までは不安な日々が続きそうです。

 論文試験の後半2日は、とにかく精神的にも肉体的にも疲れました。

 3日目午前中は、一番不安だった選択科目(租税法)でしたが、比較的解きやすい問題で、これだけは助かりました。午後の刑事法は、直前に財産犯を集中的に勉強したのですが、予想が外れて過失致死の問題が出てしまいました。一応答案はまとめましたが、どうなることやら…。最終日の公法では、今まで、ロースクールでも勉強したことのない地方自治法の問題が…他の受験生も心の中で悲鳴をあげていたと思います。長く考えていても仕方ないので、この問題は直感と常識で1時間半で解いて、比較的オーソドックスな出題だった憲法の問題を2時間半かけて解く作戦をとりました。

 今年の問題は、論文の手応えに自信のある人はほとんどいないと思いますので、相対評価でどう採点されるか、最終発表まで全く分かりません。できれば、私も短答を無事通過して、論文試験の採点結果をせひ手にしたいと願っています。

« 司法試験・中休み | トップページ | 勉強再開 »

・司法試験・法科大学院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 司法試験・中休み | トップページ | 勉強再開 »