フォト
無料ブログはココログ

« 管理会計で大苦戦 | トップページ | ITストラテジスト・合格証書到着 »

2009年12月20日 (日)

BATICを受験

Pa0_0007 先週の会計士短答試験に続いて、今日はBATIC(国際会計検定)を受験してきました。
 昨年と今年、京都外大にてこのBATIC対策の講師を担当していますので、私も受験してみようというのがきっかけです。ただ、最近また国際会計が注目されていますので、2000年に合格した米国公認会計士の知識のブラッシュ・アップも兼ねています。

 とはいえ、一週間前まで別の試験の勉強をしていた上、週の前半は風邪気味でダウン(2~3日で元気になりましたので、インフルエンザではなく普通の風邪だったようです)していたので、勉強時間は限られています。
 13日に購入した公式テキストを、何とか90%ぐらい読むことができましたので、ソコソコは戦えるかなといった感じです。

 試験会場は、前回までは(私の家のすぐそばの)商工会議所の会議室だったそうですが、今回はちょっと遠い大阪経済大学です。同じ会場で、ECO検定も実施されていました。

 午前中のSubject1は、何だかんだといっても京都外大の授業で一通りやりましたので、特に問題なくこなせました。問題は午後のSubject2です。この試験は、午後になると急に問題が難しくなるのです。

 一応出題は、公式テキストの範囲に収まっているようで、択一問題も、記述問題もどこかのページに書いてあった記憶があるものがほとんどでした。しかし、さすがに1回読んだだけでは知識があやふやで、思い出せなかった事項もかなりありました。また、米国基準のみが出題されるとばかり思っていたのですが、テキストに「参考」として載っていたIFRS(国際会計基準)からの数題出たり、記述問題で日本基準の貸借対照表を米国基準に直す問題が出たりしました。米国基準、国際会計基準、日本基準の3者が頭の中でゴチャゴチャになりそうでした。

 手応えとしては、午前は9割、午後は6割~7割といった感じです。たぶん、上から2番目のAccounting Manager Level はクリアできると思いますが、最上級のController Level を取るには、もっと本格的に勉強しないと難しそうです。

« 管理会計で大苦戦 | トップページ | ITストラテジスト・合格証書到着 »

・BATIC(国際会計検定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 管理会計で大苦戦 | トップページ | ITストラテジスト・合格証書到着 »